セーシェル:マヘ島観光

目的だったプララン島とラディーグ島に行ってしまったため、やることがなく、バスに乗って首都のヴィクトリアに行ってみることにする。
ヴィクトリアに行ってみるも、日曜ということもあり、何もかもが閉まっている。
ミネラル・ウォーターを買うにも一苦労するくらいどこの店もしまっており、通行人もほとんどいない。
さながらゴースト・タウンのようだった。
どこの国でも市場や商店街を見ると、国の雰囲気がわかり楽しいものだが、日曜とはいえ、こうも完全に全ての店が休んでいる国も珍しい。

ヴィクトリアのバスターミナル。マヘ島内の交通の中心。

ヴィクトリア・バスターミナルから市内へ向かう途中。

ヴィクトリアの象徴・クロックタワー。

セーシェルの警察署。やはり規模が小さい。

セーシェルの中央郵便局。ここもまた驚くほど規模が小さい。

ヒンズー教の寺院。

教会もあり多文化な国であることを感じさせる。

ヴィクトリアの中心部、すなわちセーシェルの中心部。日曜のためか人通りが少ない。

祝日でなければ、ギャラリーなどもそれなりにありそう。

インド洋らしいアート。

町を一周してしまったので、どこか他の目的地を考えることにする。
ロンプラを見ていると、フェアリーランド・ビーチというものがあり、名前に惹かれたのでそこに行ってみることに決める。
バス・ターミナルに行くと、ちょうどフェアリーランド・ビーチ方面に行くと思われるバスが来ており乗り込むことにする。
バスは大混雑で、日本であれば2人がけの椅子に、当然のように3人座ってくるため、とてもきつい。
ただ、値段も安く、本数もそれなりに多いため、使い勝手はとても良かった。
フェアリー・ランド・ビーチに着いたときには、空が雲に覆われており、残念ながらきれいな海を見ることはできなかった。
空模様がだいぶ怪しくなってきたため、ヴィクトリアに戻ることにする。

天気のせいもあるかもしれないが、フェアリーランド・ビーチは名前負け?

ちょうどヴィクトリアのバス・ターミナルに着いたときに大雨が降ってきた。
セーシェルの雨はすさまじく激しく、雨と晴れの境目が目で見えるほどにはっきりしている。
東南アジアでも多くのスコールを体験してきたけれども、セーシェルのスコールはさらに激しいように感じた。
スコールは30分ほどでやんだものの、その後晴れ間が出ることはなく、宿で休むことにする。
セーシェルは、海が最大にして唯一の見所なので、雨が降ってしまうとやることがなくなってしまうのが残念だ。

宿近くのレストラン&バー・アル・マーレ。

内装はセーシェルとは思えないほど洗練されているが、値段もそれなり。

コメント