アメリカ:シカゴ ~メジャーリーグ観戦~

ボストン・レッドソックスやニューヨーク・ヤンキースと並び熱狂的なファンが多いというシカゴ・カブスの試合を見に行くことにした。

シカゴ・カブスの本拠地リグレー・フィールドだが、レンガ造りの外野にツタが絡まる印象的な作りとなっており、ボストン・レッドソックスのフェンウェイ・パークと並ぶ必見の球場らしい。

2009America185

リグレー・フィールド。

2009America184

リグレー・フィールドその2。

カブスは熱狂的なファンで知られており、最もチケット入手が困難なチームの一つという情報を得ていたため、当日チケット売り場に行くまで売り切れていないかドキドキしていたが、どうにか購入することができた。
ただ、球場内に入るとほぼ座席は満席だったので、もう少し遅く行ったら購入できなかったかもしれない。
心配な人は事前にインターネットでも購入することができるが、雨天キャンセル時の払い戻しなど手続きがめんどくさそうだったので、今回は直接購入することにした。

初めてメジャーリーグの試合を見たが、カブスでは電光掲示板に選手の名前も掲示されておらず、日本でよくあるモニターを利用した選手紹介もないため、誰が誰だかわからない。
運よく、日本人の福留孝介選手が出場していたのでそれだけはわかったのだけれど。
アナウンスも日本ほど派手でないため、なんだか草野球を見ているようである。

2009America186

球場内部の様子。

2009America188

球場内部の様子その2。

2009America187

平日昼間なのに超満員なのはさすがカブス。

2009America189

試合の様子。打者は福留。

今朝アメリカについたばかりで時差ボケであり、さらに昼間精力的に観光をしていたため、気がつくと眠ってしまっていた。
さらに既に7回である…。
どれだけ長い間眠っていたのだか…。

試合はカブスの勝利で終わった。
ただ、試合後も選手が客席に挨拶に来るでもなく、勝利インタビューがあるわけでもなく、いきなり選手が引き上げていってしまい、最後まで草野球を見に来ているようだった。

まあ、本場のメジャーリーグを見ることができたので非常に満足なのだけれど、少し意外だった。

コメント