アルゼンチン:ブエノスアイレス ~エスキーナ・カルロス・ガルデル~

アルゼンチンと言えば、タンゴということで、数あるタンゲリーアの中でも最も有名なエスキーナ・カルロス・ガルデルへ行ってみることにした。

エスキーナ・カルロス・ガルデルは、タンゴの神様とも言われるカルロス・ガルデルが働いていた市場の前に作られたタンゲリーアらしい。

昨日は、伝統的なタンゴだけでなく、その他のショーも含まれたラ・ベンタナを見に行ったが、今回は純粋に伝統的なタンゴのみが踊られるのだとか。

正直なところ、昨日のラ・ベンタナがいまいちだったこともあり、あまり期待していなかった。

ここのタンゲリーアは、さすがに有名かつ人気どころなので、値段が高い。
ショーのみで95USドル(7600円くらい)とは、なかなか強気な値段設定である。
しかし、おそらく二度と見る機会はないであろうし、ブエノスアイレスのハイライトの1つでもあると思うので、奮発して訪れることにした。

会場に着くと、まるでオペラ会場のような作りになっており、昨日よりは明らかに高級感のある内装で少しだけ期待感が高まってきた。

2011Argentina262

エスキーナ・カルロス・ガルデル。

2011Argentina263

カルロス・ガルデル像。

2011Argentina264

1人だったので、真正面かつ1段高い場所に案内してくれた。

公演の開始はとても遅く、22時半からだった。
途中、飲み物を頼んだのだが、後からわかったのだが、なぜか無料だったらしい。
昨日のラ・ベンタナは別料金だったのだけれど、いまいちシステムがわからない。

昨日のラ・ベンタナは写真撮影を厳しく禁止していたが、ここはビデオとフラッシュ撮影しなければ、写真撮影は構わないらしい。
とは言え、ビデオ撮影をしている人も多くいるし、フラッシュもばんばん焚かれている。
そんなに厳しくは管理していないようだ。

さて、肝心のショーだが、昨日のラ・ベンタナと同じタンゴが上演されているとは思えないくらい、衣装や舞台も本格的で、楽しむことができた。

ライティングや舞台装置の変更なども大掛かりで、観客に見せるタンゴだったように思う。

大満足だ。
あくまでも結果論だけれど、エスキーナ・カルロス・ガルデルだけに訪れるべきだったと感じた。

2011Argentina265

いきなり華やかな雰囲気でショーがスタート。

2011Argentina266

昨日よりすごいのでは、と期待が高まる。

2011Argentina267

歌も上手。

2011Argentina268

タンゴ・ショーの様子。

2011Argentina269

オーケストラ。


2011Argentina271

舞台も華やか。

2011Argentina272

まるでミュージカルのよう。

2011Argentina273

タンゴ・ショーの様子その2。

2011Argentina274

タンゴ・ショーの様子その3。

2011Argentina275

タンゴ・ショーの様子その4。

2011Argentina276

タンゴ・ショーの様子その5。

2011Argentina277

太ったおじいちゃんとおばあちゃん。客の反応がすごかった。

2011Argentina278

タンゴ・ショーの様子その6。


2011Argentina280

タンゴ・ショーの様子その7。

2011Argentina281

タンゴ・ショーの様子その8。

2011Argentina282

タンゴ・ショーの様子その9。


2011Argentina284

タンゴ・ショーの様子その10。

2011Argentina285

再びオーケストラ。

2011Argentina286

フィナーレ。

2011Argentina287

フィナーレその2。

2011Argentina288

フィナーレその3。

2011Argentina289

決めポーズ。