アルゼンチン:ブエノスアイレス ~アルゼンチン牛のしゃぶしゃぶ食べ放題~

ブエノスアイレスでは、アルゼンチン牛のしゃぶしゃぶやすき焼きを食べることができるという情報を聞いていた。

さらに、土日は食べ放題ということで、訪れてみた。

レストランの名前は「日本橋」、内装も純日本料理店といった雰囲気で高級感に溢れていた。
ここには、かつてボカに所属していた時に高原が訪れていたり、キャンプに来ていたマリノスの川口や井原も来たことがあるらしい。

2011Argentina290

日本橋。

2008年版ガイドブックでは、しゃぶしゃぶ食べ放題が54ペソと記載されているが、2011年11月現在では140ペソ(2800円くらい)に値上がりしていた。
この国のインフレは恐ろしい。

味、サービスともに大満足だった。
アルゼンチン牛は本当においしい。

ここのゴマだれもとても満足のいく味だったし、お通しで揚げ出し豆腐がでて、久々に食べることができ、感動してしまった。

肉はもちろんだったのだが、ブラジル以降ポル・キロ・レストランに出会えず、野菜不足だったため、大量の野菜を食べられたのもうれしかった。

2011Argentina291

揚げ出し豆腐。

2011Argentina292

しゃぶしゃぶ。

飲み物やチップ込みで、結局200ペソ(4000円くらい)だった。

とてもおいしくて大満足なのだけれど、良く考えれば、日本のしゃぶしゃぶ食べ放題より高いのでは(高級店除く)。
当初の予定では、土日連続で訪れて、しゃぶしゃぶとすき焼きの食べ放題を味わおうと思っていたのだが、日本と比較してもさほどお徳感がないので、連続で訪れることは断念した。

おいしい日本食が食べられてテンションが上がるかと思いきや、なお一層帰国したい気持ちが高まってきた。

特に最近、超大物名所以外への意欲がとても低く、何を見ても驚かなくなっている。
世界中回る予定なわけだし、有名どころ以外は片っ端から省くくらいの感じで、ルートを再考することを検討中。
そもそも3年半という当初の予定も欲張りすぎた気もするし、見どころも網羅しすぎた感があるし。