チリ:シーフード天国のプエルト・モン

バリローチェから国際バスに乗り、チリのプエルト・モンへ移動してきた。

クリスマス直前ということで、バスチケットが買えるかかなり心配だったが、ちょうどキャンセルが出たということで、最後の1席を確保することができた。

南米は、ホテルからバスまで、常に空きがあるかを心配せねばならず、面倒だ。

この国際バスのルートは、絶景を楽しめる景勝ルートとのことだったが、なるほどなかなかに美しい景色の連続だった。

途中では、チリ富士とも言われる富士山に良く似たオソルノ山も見ることができた。
車窓越しだったので、写真を撮れず少し残念だったが、まあ仕方がない。

2011Chile224

国境もまた絶景だった。

2011Chile225

国境周辺がトレッキングコースになってもおかしくないほどだ。

2011Chile226

チリの入国検査はめんどくさい。

プエルト・モンに到着すると、運良く宿の客引きが来ていた。
この町では、ホステルなどに滞在するのではなく、民泊が一般的なので、値段を聞いてチェックインすることにした。

久々の個室である。
やはり、個室は楽で良い。

サルバドール以降、物価の関係もあり、ほぼ2ヶ月間ドミトリーの連続だったが、正直夜中何度も起きるし、快適ではなかった。
日本人宿だと、マナーも良くそれなりに快適なのだけれど、イスラエル人やオーストラリア人などと一緒になると、それだけでテンションが下がったりも…。
今後、北上するに当たり、物価も安くなってくるので、なるべく個室を選んで行こうと思う。

プエルト・モンでやることはただ1つ、シーフードを食べることだ。

早速、シーフード市場のアンヘルモを訪れてみた。
正直なところ、予想よりだいぶ規模は小さい。
そして、閉まっている店が多い。

とりあえず、一回りした後、比較的混んでいた食堂に入ってみた。

名物の貝や豚肉、さつま揚げのようなものを煮込んだポトフのような料理クラントを注文した。
さらに、格安のウニも追加で注文してみた。

出てきてみてびっくりの、凄まじい量だ。
特にウニは、4000ペソ、およそ600円で、食べすぎで気持ち悪くなるくらいの量が出てきた。
正直、味は下処理が不十分なためか、ちょっと生臭かったが、それでも十分においしかった。

店のスタッフもフレンドリーで、ピスコサワーというお酒をサービスしてくれるなど雰囲気もよく、大満足だった。

2011Chile231

アンヘルモの土産市場。

2011Chile233

海岸を歩きつつ、市場へ向かう。

2011Chile272

アンヘルモの市場入り口。

2011Chile236

意外に近代的だ。

2011Chile237

想像とだいぶ違う市場だった。

2011Chile238

漁船も置いてある。

2011Chile239

1階が市場、2階がレストランになっている。

2011Chile240

魚の種類も豊富だ。

2011Chile241

瓶詰めのウニや貝類など。

2011Chile242

蟹もある。

2011Chile244

魚市場の様子。

2011Chile247

入り口で魚を買い、レストランで調理してもらえる。

2011Chile248

訪れた時間が遅かったためか、閉まっている店も多かった。

2011Chile250

市場からの眺め。

2011Chile252

貝類も豊富だ。

2011Chile253

タラバ蟹みたいだ。

2011Chile254

市場2階からの眺め。

2011Chile255

ウニ。これで600円くらい…。

2011Chile257

名物のクラント。ボリュームありすぎ。

2011Chile258

豪華ディナー。

2011Chile261

スタッフもフレンドリーで、良い感じのレストランだった。

2011Chile263

市場の雰囲気。

2011Chile264

市場の雰囲気その2。

2011Chile265

市場の雰囲気その3。

2011Chile266

市場の雰囲気その4。

2011Chile268

料理ができる人なら、おいしい料理ができそうだ。

2011Chile269

いかにも魚市場らしい景色。

2011Chile271

雪山が見える。

2011Chile274

アンヘルモからの帰り道に、プエルト・モン方面を眺める。