チリ:どれが見どころかわからないチロエ島

世界遺産にも登録されているチロエ島には、プエルト・モンからの1日ツアーで行くことにした。
チロエ島は、歴史的にも文化的にも、長い間チリ本土から孤立していたらしく、独自の文化や生活が見られるらしい。

ツーリスト・インフォメーションでも、会った旅行者にも個人で行くことをすすめられていたが、大きな荷物を持って行くのがかったるく、旅行会社主催のツアーを選んでみた。

ツアーは、プエルト・モン市内でツアー参加者をピックアップし、スタートした。

しばらく走った後、フェリーに乗り込み、チロエ島へ渡った。
フェリーは相当頻発しているようで、行き帰りともにほとんど待ち時間がなく、快適だった。

2011Chile280

フェリー乗り場周辺。

2011Chile281

フェリーはバスも乗り込める大型なもの。さらに頻発。

2011Chile282

多くのフェリーとすれ違う。

チロエ島では、まずアンクーを訪れた。
アンクーでは、市場やカテドラル、サン・アントニオ要塞を訪れたのだが、どれもしょぼい。
ウロコ状の家もちらほらあったが、どれも印象に残るほどではなかった。

2011Chile292

アンクーの市場。

2011Chile291

賑わいはそれなり。

2011Chile285

野菜売り場。

2011Chile286

魚や貝も売っている。

2011Chile287

プエルト・モンに比べるとだいぶ規模が小さい。

2011Chile288

貝やサーモンが売られている。

2011Chile289

どれも安い。

2011Chile290

ただ、日常生活用の市場という感じで、ツアーで行っても買うものはなかった。

2011Chile293

土産コーナーは閉まっていた。

2011Chile294

市場の様子。

2011Chile295

サン・アントニオ要塞。

2011Chile296

要塞といってもかなり規模は小さい。

2011Chile300

この手の要塞は、どこにでもあるので特に興味は湧かず。

2011Chile303

周囲の海はとてもきれい。

2011Chile304

要塞のすぐ裏側はビーチになっていた。

2011Chile305

要塞を上から見下ろす。

2011Chile306

花が手入れされているなど、一応観光地っぽい。

2011Chile310

うろこ状の家が名物らしい。

2011Chile311

アンクーの町並み。

2011Chile312

アンクーの町並みその2。

2011Chile313

アンクーの町並みその3。

2011Chile314

アンクーの町並みその4。

2011Chile317

アンクーの町並みその5。

2011Chile318

どこも海の透明度は高い。

2011Chile319

アンクーの町並みその6。

2011Chile320

アンクーの町並みその7。

2011Chile322

アンクーの町並みその8。

2011Chile323

カテドラル。

2011Chile324

カテドラル内部。

2011Chile326

典型的な伝統家屋。

2011Chile328

アンクーの町並みその9。

さらに、チロエ島の中心地のカストロを訪れた。
ここには大きなマーケットもあり、世界遺産に登録されているサン・フランシスコ教会などもあり、見どころがある。
町を見下ろせる高台からは、なかなかの景色を臨むこともできた。

2011Chile330

カストロの水上家屋。

2011Chile331

水の色もきれいだった。

2011Chile334

カストロの市場。

2011Chile336

カストロの市場その2。

2011Chile335

市場付近には多くのレストランがある。

2011Chile337

市場横の蒸気機関車置場。

2011Chile341

カストロの町並み。

2011Chile342

アルマス広場。

2011Chile344

サン・フランシスコ教会。

2011Chile365

サン・フランシスコ教会その2。

2011Chile370

サン・フランシスコ教会その3。

2011Chile366

サン・フランシスコ教会その4。

2011Chile368

観光案内所にあった教会の模型。

2011Chile346

州役場。

2011Chile347

銅像群。

2011Chile348

高台からの眺め。

2011Chile350

伝統家屋が立ち並ぶ。

2011Chile352

カストロを一望。

2011Chile355

カストロの町並みその2。

2011Chile356

こんなところにも、カラオケが!

2011Chile357

不思議な建物。

2011Chile358

遊覧船。

2011Chile360

ビルも建築途中で、いずれ景観は壊れそう。

2011Chile361

カストロの町並みその3。

2011Chile362

至るところに公園がある。

カストロで、昼食を食べることになり、ドライバーおすすめのレストランへ訪れてみた。
チリの名物のソパ・デ・マリスコスという魚介スープをたのんでみた。
しかし、フリータイムが限られているに関わらず、出てくるのが異常に遅い…。
たかが、スープだけで1時間くらい待たされて、だいぶイライラ。
確かに味は、その後のサンティアゴなどと比べてもおいしかったが、待ち時間が長すぎるのは大きな難点だと感じた。

2011Chile338

レストラン。

2011Chile340

ソパ・デ・マリスコス。

最後にダルカウエを訪れた。
ここにも世界遺産に登録されている教会がある。
ものすごいこじんまりした町で、なかなか良い雰囲気だった。

2011Chile371

ダルカウエの教会。

2011Chile373

世界遺産にも登録されている。

2011Chile374

確かに画になる見栄えだ。

2011Chile375

ダルカウエの町並み。

2011Chile378

ダルカウエの町並みその2。

2011Chile382

ダルカウエの町並みその3。

2011Chile384

ダルカウエの町並みその4。

2011Chile385

ダルカウエの町並みその5。

再びフェリーに乗り、プエルト・モンへ戻ったのは20時過ぎ、結局12時間以上のツアーとなった。

結論から言うと、すこし変わった教会こそあったものの、チリ本土と異なった文化や生活というものは全く感じることができなかった。
食べ物だって同じだし、家の見た目こそウロコ状のものが多く異なっているが、プエルト・モンなどでも似たような形状の家は多い。

是非とも訪れてみたかったので満足できたが、
「これはすごいっ!」
というものはなかったというのが本音だ。

個人でもアクセスは容易だが、会った旅行者は、暇を持て余している人が多く、ツアーで1日だけでアクセスするのもありだとも感じた。

2011Chile387

フェリー。

2011Chile392

オソルノ山も遠くに見えた。