チリ:平和な雰囲気のビーニャ・デル・マル

ビーニャ・デル・マルからバルパライソにかけての海岸線で、大晦日におよそ20分間ギネスブックに載るくらいの大規模な花火をやるということで、せっかく年末年始を海外で迎えるのだからと、快適なサンティアゴからビーニャに移動してきた。

ビーニャでは、有名な日本人宿の汐見荘に泊まることにした。
正直、汐見荘は、中心部から離れているし、アクセスも不便で、花火もしくはシーフードを自炊したいという人以外はあまりメリットはないかもしれない。

ただ、今回は大晦日の花火が目的なので、花火を見る場所にはすぐ近くの汐見荘はとても良いロケーションだ。

花火以外にもせっかくビーニャまで来たのだからと、町中の観光もしてみることにした。

といっても、見どころがあるわけではなく、町の中心のスークレ広場やベルガラ広場、そして市営カジノを巡るくらいだ。

この町は、高級リゾート兼高級住宅地が多く、他の町と比べても、とても平和な雰囲気に満ち溢れていた。

2011Chile580

ビーニャの海岸線。

2011Chile581

ビーニャの海岸線その2。

2011Chile582

海岸線から海を眺める。

2011Chile583

町並み。

2011Chile585

シェラトンとビーチ。

2011Chile586

汐見荘のネコ。見た目がゴージャス。

2011Chile587

ネコとクリスマス・ツリー。

2011Chile588

花時計。

2011Chile589

中心部にあった教会。

2011Chile590

スークレ広場。

2011Chile591

ベルガラ広場には馬車がいる。

2011Chile592

ベルガラ広場。

2011Chile593

ベルガラ広場その2。

2011Chile595

市立劇場。

2011Chile596

立派な観光案内所。

2011Chile597

市営カジノ。

2011Chile599

高級そうなマンションが立ち並ぶ。