カタール:世界一退屈な国

世界一退屈な国と言われるカタールにやってきた。
今回は事情があり、比較的長期滞在する予定だ。
ガイドブックなどでは酷評されているが、スークもあり、大型ショッピングセンターもあり、治安も良いため、居心地は決して悪くない。

ただ訪れた季節が悪かったようだ。
春先にかけて中東にきた時はさほど暑くなく、夏でも言うほどたいしたことはないのだろうと高をくくっていたが、中東の夏はすさまじかった。
砂漠のため、気温は上がっても、湿度は低く、日陰に行けばそれなりに快適に過ごせるのではと勝手に想像していたのだが、カタールの夏は湿度も非常に高く、冷房の効いた室内から外に出ると、めがねが曇って5分くらい曇りが取れなくなってしまう。
同様にカメラのレンズも曇ってしまい、カメラに関しては20分くらい使えなくなってしまうこともざらであった。
最高気温は40度程度でおさまることが多いのだが、湿度が90パーセントを超えることもあり、体感温度は時に60度を超えていた。
こうなると、水を飲まずに外に20分ほどいると、熱中症になってしまう可能性も高く、何よりすぐにシャツがびしょびしょになってしまう。
現地の人もなるべく外に出ないようにしているようであった。

カタールにきて感じたことは高級車が多いということである。
国が購入金額の60パーセントを補助するという法律があるらしく、ベンツにBMWなど高級車のオンパレードであった。
カタールと言えば、オイルマネーだが、現在カタールの主な収入源であるLNGは日本企業が中心となり、プラントを建設しており、やや親しみを感じる。
ショッピングセンターを歩いてもいても、日本人にすれ違うことも多く、日本企業が多く進出していることを実感できた。

*カタールの情報サイト************************************************************
YaLaH!QATAR http://www.visit-qatar.jp/
カタールを中心に扱ったサイトがついに登場。
びっくりしたけれど、カタールに長く関わっていたのでちょっとうれしい気も…。
************************************************************************************

コメント