チリ:イースター島 ~レンタカーで島巡り2日目~

2日目は、イースター島観光最大のイベントともいえるアフ・トンガリキでの朝日からスタートした。

日の出は、朝7時頃ということだったので、6時頃に宿を出発し、アフ・トンガリキへ向かった。
幸運にも、天気は良く、空には満天の星が広がっている。

朝日も期待が持てそうだ。

アフ・トンガリキに到着すると、もう既に何人もの人が朝日を待っていた。

今の時期は、アフ・トンガリキの真後ろから太陽が昇るのだが、モアイのアフが高い位置にあるため、かなり太陽が高くなってからでないとそこからの日は臨めず、個人的には太陽が出る前の空の色の方に惹かれた。

いずれにせよ、満足いく写真を撮ることができた。
イースター島で1番期待していた朝日だけに、もし曇っていたらリベンジせざるをえないと考えていたので、1度で日の出を見れてラッキーだった。

2011Chile1044

夜明け前のアフ・トンガリキ。

2011Chile1045

夜明け前のアフ・トンガリキその2。

2011Chile1046

夜明け前の赤紫の空は、とても写真にマッチする。

2011Chile1047

後ろに雲も少なく、朝日の期待が持てそうだ。

2011Chile1049

だいぶ空が明るくなってきた。

2011Chile1050

もうほぼ夜明け。

2011Chile1051

そして完全に空が明るくなってしまった。

2011Chile1054

どうやらモアイが高い場所にあるので、太陽が相当上がってこないと一緒に写真に写せないようだ。

2011Chile1055

ようやく太陽が出現。

2011Chile1057

モアイの中心で太陽が輝く。

2011Chile1058

やはり美しい。

2011Chile1059

ダイヤモンド富士ならぬ、ダイヤモンドモアイ。

2011Chile1061

満足のいく朝日を見ることができた。

2011Chile1060

朝日に照らされるラノ・ララクと倒れたモアイ。

引き続き、昨日も訪れたアフ・ナウ・ナウへ向かった。

昨日は逆光だったため、順光の昼間にも再度訪れることにしたのだ。
ここは、椰子の木に囲まれており、昨日に引き続き、良い雰囲気だった。

2011Chile1062

朝日に照らされるアフ・ナウ・ナウ。

2011Chile1063

3体ずつ撮影。

2011Chile1064

3体ずつ撮影その2。

2011Chile1065

プカオをかぶっている4体。

2011Chile1066

周囲には馬も多い。

2011Chile1068

椰子の木も朝日に照らされる。

2011Chile1071

南国らしくて、いい雰囲気だ。

2011Chile1072

順光だときれいさが全然違う。

2011Chile1076

遠目から撮影。

2011Chile1077

さらに遠目から撮影。

2011Chile1073

ビーチも貸切。

2011Chile1074

雲の感じも抜群だ。

2011Chile1078

椰子の木越しにモアイを眺める。

その後、残す最後の大物観光地のオロンゴの儀式村とラノ・カウへ向かった。

オロンゴの儀式村は、正直、見栄えのする遺跡ではなく、こんなものかといった印象だった。

オロンゴの儀式村では、鳥人儀礼という宗教的な儀式が行われていたらしく、儀式村から280m下り、さらに1500m離れた島に泳いで、マヌ・タラという渡り鳥の最初の卵をとり、最初に部族の首長に渡したものが勝者として認められたのだとか。

卵を渡された部族の首長は、神の化身のタンガタ・マヌ(鳥人間)になり、1年間神に仕えるものとして崇拝されたらしい。

1500m離れたモトゥ・ヌイまで泳ぐ間には、サメに食べられて命を落とす者も多かったらしい。

最後に、島最大のカルデラ湖であるラノ・カウを見下ろした。
カルデラ湖には、島がいくつもあり、なかなかの景観美だった。

2011Chile1079

オロンゴからの眺め。

2011Chile1081

ラノ・カウの手前にあった石のサークル。

2011Chile1082

ラノ・カウ。

2011Chile1083

天気が悪くなりかけていて、なかなか前面に日光が当たらない。

2011Chile1084

オロンゴ儀式村のゲート。

2011Chile1085

泳いで向かっていたという島。

2011Chile1086

見どころには番号が振ってあって、見逃さないが…。

2011Chile1087

番号が在っても、何が見どころかわからないくらいしょぼい。

2011Chile1088

宗教的には重要な場所かもしれないが、見どころとしてはいまいちだ。

2011Chile1089

オロンゴ儀式村。

2011Chile1090

オロンゴ儀式村その2。

2011Chile1091

オロンゴ儀式村その3。

2011Chile1092

オロンゴ儀式村その4。

2011Chile1093

オロンゴ儀式村からもラノ・カウを見下ろせる。

2011Chile1094

壁画。

2011Chile1095

壁画も風化していてかなりわかりにくい。

2011Chile1096

唯一、鮮明に残っていた壁画。

2011Chile1097

ここから降りて、島に泳いでいっていたとは確かにすごい。

2011Chile1098

オロンゴから見たラノ・カウ。

2011Chile1099

オロンゴ儀式村その5。

まだ時間に余裕があったため、ハンガ・ロア村近郊にある夕日スポットのタハイ儀式村にあるアフ・コリテク、アフ・タハイ、アフ・バイ・ワリのモアイを見に行き、レンタカーを12時頃に返却した。

2011Chile1100

アフ・タハイ。

2011Chile1101

夕日スポットとしても有名だ。

2011Chile1102

アフ・コリテクとアフ・バイ・ワリ。

2011Chile1103

アフ・タハイとアフ・バイ・ワリ。

2011Chile1105

唯一目があるアフ・タハイ。

2011Chile1106

プカオもかぶっていて、目もあり、完璧なモアイ。

2011Chile1104

タハイ儀式村。

24時間で島の遺跡をほぼ網羅でき、とても濃い2日間だった。

その日は、ちょっとした打ち上げ気分で、夕食には島唯一の日本食居酒屋の甲太郎へ行くことにした。
このレストランは、世界の果てまでイッテQで宮川大輔も訪れており、またサッカーの中田英寿も訪れたことがあるらしい。
値段は少し高めだったが、1度訪れてみたかったので、満足することができた。

2011Chile1135

日本食居酒屋の甲太郎。

2011Chile1137

焼肉定食。米少ない…。

2011Chile1136

イッテQで紹介された宮川大輔のモアイ寿司。2012年1月時点で100USドル!