チリ:ビーニャ・デル・マルで年越し花火を満喫

世界一周中の最初の正月は、チリのビーニャ・デル・マルで過ごすことにした。

大晦日におよそ20分間ギネスブックに載るくらいの大規模な花火をやるらしく、それを見るのが大目的だったのだが、ちょうど宿泊している汐見荘には、料理が得意な旅行者が集まっており、おいしい日本食を食べる機会に恵まれた。

まず、12月31日は早朝からビーニャ近くの市場へ買出しに向かった。

12月31日でも活気に溢れており、全ての店が開いている。
日本もアメ横など活気に溢れているし、どの国でも同じなのだろうか。

一通り食材を購入し(全てお任せで、ついて歩いていただけだけど…)、宿に戻ることになった。

他の旅行者は既に市場に来るのが数回目らしいのだが、自分自身は今回始めて訪れたため、せっかくなので少しだけ別行動をさせてもらい、少し市場見学をしていくことにした。

ビーニャの市場は想像以上にすごかった。

魚のはらわたなど要らない部分を海に捨てるため、それらを求めて多くのアザラシや鳥が集まってきているのだ。

市場関係者が捨てにくる度に、動物園顔負けの迫力あるショーを見ることができ、2時間近く滞在してしまった。

ここにくれば、ウシュアイアのビーグル水道に行かなくていいくらい多くの動物を見ることができた。

2011Chile730

大晦日も大賑わいの市場。

2011Chile729

目移りするような品揃え。

2011Chile731

特に貝の種類が豊富だ。

2011Chile732

値段は普段より高めだったらしい。

2011Chile734

魚貝売り場。

2011Chile735

魚貝売り場その2。

2011Chile736

魚貝売り場その3。

2011Chile737

魚貝売り場その4。

2011Chile738

魚貝売り場その5。

2011Chile739

魚貝売り場その6。

2011Chile740

市場の外観。

2011Chile741

市場の外観その2。

2011Chile742

活気に溢れていた。

2011Chile743

ふと、水面を見ると、多くのアザラシが。

2011Chile744

皆、上を向いているので写真を撮りやすい。

2011Chile745

すごい密集度合いだ。

2011Chile748

こんなに多くのアザラシがいるのは、上からエサが投げられるのを待っているためだ。

2011Chile749

鳥の数もまた凄まじい。

2011Chile750

大きなアザラシ。

2011Chile751

ペリカンもたくさんいる。

2011Chile752

主のようなアザラシ。

2011Chile753

普通のアザラシ。

2011Chile754

またまた、エサ目当てに集まってきた。

2011Chile756

同様にペリカンも大集合。

2011Chile757

橋の上には、海鳥も。

2011Chile758

砂の上でリラックス。

2011Chile761

ポーズをとって待っている。

2011Chile762

さっきからアザラシと書いているが、合っているんだろうか?

2011Chile764

もしやアシカ?

2011Chile765

それともオタリア?

2011Chile766

まあ、なんでもいいか。

2011Chile767

かなり獰猛だ。

2011Chile768

すぐ近くには海水浴場もあるのが驚きだ。

2011Chile769

橋の奥は海水浴場。

2011Chile770

海岸線とビーニャ。

2011Chile771

アザラシの集まる様子。

2011Chile772

鳥たちも一緒に待ち構えている。

2011Chile774

鳥も画になることに気づき、撮ってみることに。

2011Chile775

鳥の背中。

2011Chile776

下では、アザラシが大騒ぎ。

2011Chile777

ウシュアイアのビーグル水道より全然すごい。

2011Chile778

しばらく待って、エサをくれないと思うと、海に戻っていく。

2011Chile779

アザラシの泳ぐ姿。

2011Chile780

アザラシの泳ぐ姿その2。

2011Chile781

ペリカン大集合。

2011Chile784

海岸の様子。

2011Chile785

鳥を撮ってみることにした。

2011Chile786

意外に簡単に撮れる。

2011Chile787

ペリカンも飛べるらしい。

2011Chile788

なんかペリカンに威嚇されているような。

2011Chile789

名前わからず。

2011Chile790

ペリカンは良く見ると怖い。

2011Chile791

ペリカンだらけ。

2011Chile792

近づいても逃げない。

2011Chile793

屋根の上にもペリカンが。

2011Chile794

エサをあげている様子。

2011Chile795

ペリカンの群れ。

2011Chile796

野生動物の楽園?

2011Chile797

鳥の数がすごい。

2011Chile798

再び飛んでいる鳥撮影。

2011Chile799

ズームレンズがなかったので、全て80mmで撮影。

2011Chile800

標準レンズでここまで撮れたのは、我ながら満足。

2011Chile803

雄たけびアザラシ。

2011Chile804

飛んでいる鳥は画になる。

2011Chile805

南極でも、もっと真面目に撮るべきだったかと少し後悔。

2011Chile806

2匹並んで。

2011Chile807

かなり至近距離を飛んでくる。

2011Chile808

撮影にも慣れ、ほぼ失敗なしで撮れるようになってきた。

2011Chile809

すごい近い。

2011Chile810

一体、何枚撮ったんだろうか。

2011Chile811

上空に鳥がいなければ、ばっちりだったのに…。

2011Chile812

動物だとつい撮りすぎてしまう。

2011Chile813

ガラパゴスとかとんでもない枚数になりそうだ。

2011Chile814

ビーニャの海鳥。

2011Chile815

ビーニャの海鳥その2。

2011Chile816

ビーニャの海鳥その3。

2011Chile817

ビーニャの海鳥その4。

2011Chile818

ビーニャの海鳥その5。

2011Chile819

最後はペリカン。

2011Chile821

市場からの帰り。既に花火の場所取り。

2011Chile825

ビーニャの町並み。

2011Chile826

ビーニャの町並みその2。

さて、その日の昼食は、買ってきたばかりのサーモンの刺身とそばという、海外とは思えぬ素晴らしい年越しメニューとなった。

さらに夕食は、サーモンの刺身にキムチ鍋とこれまた久しぶりに、日本の味を堪能できた。
キムチ鍋ができる合間には、鮭のちゃんちゃん焼きも作ってくれるなど、料理が上手な人がいてくれてとても助かった。

2011Chile822

買ってきたばかりのサーモン。

2011Chile823

昼食&夕食用の刺身。

2011Chile824

年越しそば。

2011Chile827

調理中のちゃんちゃん焼き。

2011Chile830

ちゃんちゃん焼き。

2011Chile831

調理中のキムチ鍋。

2011Chile832

キムチ鍋。

2011Chile833

もやしもキムチも貴重品。

2011Chile834

キムチ鍋その2。

2011Chile835

最後は、辛ラーメン。辛ラーメンの普及率は高い。

その後、11時半くらいまでたわいもない会話をしつつ、12時から海岸沿いで、およそ20分間の花火が上がるため、海岸に向かうことにした。

海岸では、既に多くの人がワインやシャンパンを持参して、花火を待ち構えていた。

とはいえ、日本のように、凄まじい大混雑ということはなく、普通に1列目に行けるほどの人手で、良い雰囲気だ。
なぜか、多くの人がシャンパンなどをご馳走してくれ、これまた気分良くなってしまった。

花火は、12時ぴったりに上がるのかと思いきや、12時過ぎてもはじまらない。
これは、日本と違い、チリらしさといったところなのだろうか。

実際に花火がはじまると、まるで日本のフィナーレのときのように、はじめから勢い全開だ。
20分と日本に比べるとだいぶ短い時間だが、コンパクトにまとまっていて、これはこれで良いものだと感じた。

2011Chile836

花火を待つ人々。

2011Chile837

花火開始。

2011Chile838

さまざまな花火が怒涛の勢いで打ち上げられる。

2011Chile839

種類も色も、日本顔負け。

2011Chile840

ビーニャの年越し花火。

2011Chile841

ビーニャの年越し花火その2。

2011Chile844

ビーニャの年越し花火その3。

2011Chile845

ビーニャの年越し花火その4。

2011Chile846

ビーニャの年越し花火その5。

2011Chile847

ビーニャの年越し花火その6。

2011Chile848

ビーニャの年越し花火その7。

2011Chile849

ビーニャの年越し花火その8。

2011Chile850

ビーニャの年越し花火その9。

翌朝は、イースター島へ行く関係で1人だけ宿を早く出発することにした。

1月1日用にも、ちらし寿司や肉の佃煮、アサリの酒蒸しなどおいしそうなメニューが用意されており、後ろ髪を引かれる思いだったが、ちょっとだけ味見をして出発することにした。

やっぱり、日本食はおいしい!

2011Chile829

ちらし寿司。

2011Chile851

正月料理もうまそう。食えなくて残念。