チリ:サン・ペドロ・デ・アタカマ ~タティオ間欠泉群ツアー~

アタカマで、月の谷と並ぶハイライトの1つというタティオ間欠泉群ツアーにも参加することにした。

ツアーは朝4時に出発となり、およそ2時間をかけてタティオ間欠泉に到着した。

タティオ間欠泉群は標高4700mの場所にある世界最高所の間欠泉らしい。

間欠泉で日の出を見るのが、このツアーの大目標は、朝日を見ることなので、到着したのは日の出前だ。
驚くほど寒い。
事前に寒いと聞いていたので、南極とほぼ変わらない装備だったのだが、凍える寒さだった。

ようやく太陽が出てきて、日差しが当たりはじめると、先ほどまでとは打って変わって暖かくなってきた。

間欠泉を歩いて巡りつつ、間欠泉巡りを終えた人は、各々旅行会社が用意してくれた朝食を食べ、と飽きさせない充実した内容のツアーだった。

間欠泉の湯柱は高くても5m程度とさほどすごくはないのだが、高地での空の青さは素晴らしくきれいで、とても満足のいくツアーとなった。

途中で、間欠泉内にある温泉にも立ち寄ったのだが、湯温が低く、温まれる場所は温泉内のごく一部で、そこに人が密集していたので、入るのは諦めることにした。
外気もいまだ寒すぎたし…。

2011Chile1411

まだ暗い中、間欠泉に到着。南極より寒い。

2011Chile1412

他の人も寒くて震えまくり。

2011Chile1413

少しでも温まろうと、間欠泉に近づく。

2011Chile1414

標高が高いので、沸点は80度くらいだとか。

2011Chile1415

観光客は多い。

2011Chile1416

間欠泉の様子。

2011Chile1417

間欠泉の様子その2。

2011Chile1418

間欠泉の様子その3。

2011Chile1420

しばしば腕を突っ込んで、火傷する人がいるらしい。イスラエル人かな?

2011Chile1422

だいぶ日が差してきた。

2011Chile1423

標高が高いため、空の色が濃い。

2011Chile1424

間欠泉自体は大したことないのだけれど。

2011Chile1425

空の色が濃くて、絶景。

2011Chile1426

太陽が出ると、途端に暖かくなる。

2011Chile1429

温泉へ移動。

2011Chile1430

温かい場所は一部なので、そこに人が集中。

2011Chile1431

近くには大きな間欠泉もある。

2011Chile1433

人と比べると、かなり大きいことがわかる。

2011Chile1434

再び温泉。

2011Chile1435

さほど温かくないので、お湯から出た後が地獄。

2011Chile1436

周囲も良い景色。

2011Chile1437

遠めから眺める。

2011Chile1438

今回のツアーバス。

2011Chile1439

ここが入場ゲート。トイレが意外にきれい。

2011Chile1441

ビクーニャ。

その後、少数民族の村に寄りつつ、アタカマへ戻り、ツアーは終了となった。

2011Chile1442

少数民族の村。

2011Chile1443

教会。

2011Chile1444

今は数人しか暮らしていないらしい。

2011Chile1445

教会内部。

2011Chile1446

屋根にはソーラーパネルがついていて、電気も使えるらしい。

2011Chile1447

見た目は素朴な村だが、ハイテク。

2011Chile1448

村から教会を見上げる。

2011Chile1449

村の入り口。

2011Chile1450

うまそうだったが、激高。買うのやめた。

2011Chile1451

アタカマらしく、サボテン。

2011Chile1452

あちこちに大量にある。