カタール:ラスラファン

カタールの北東部沿岸に位置するラスラファンには、世界第三位の埋蔵量を誇るガス田からパイプラインで運ばれた天然ガスを処理する大規模のプラントがある。
カタールの現在のすさまじい発展は、まさにここのおかげといっても過言ではない。

この地域には、カタール・ガスやエクソンモービル、シェルなど多くの有名企業がプラントを建設しているが、その多くの設計から調達、建設を請け負っているのは千代田化工や日揮といった日本のプラント・エンジニアリング会社であり、日本とカタールとの密接な結びつきを実感することができる。

残念ながら、通常は施設の中には入れないが、時にはアル・ホール周辺からもフレアという煙突からの炎を見ることができる。
実際に、工業地帯に入ってみると、驚きの規模のプラントが立ち並んでおり、この地域一帯を世界遺産に指定してもいいのではないかと思ってしまうほど、圧巻の光景である。
特に夜間ライトアップされたプラントはとても美しく、近年日本でも「工場萌え」などがブームだが、工場マニアは泣いて喜ぶのではないかというほど美しかった。

コメント