ボリビア:かなりハードだが、満足感のあるポトシ鉱山ツアー

ウユニからポトシへ移動してきた。
噂通りの、インドを髣髴とさせるようなボロいバスだったが、案外悪路ではなく、6時間かかると聞いていた道のりを、5時間で移動することができた。

2012Bolivia180

久々に荷物を屋上に載せるタイプのバス。

2012Bolivia181

道中の景色。

ポトシの町並み自体、世界遺産なのだが、ここを訪れた最大の目的は、セロ・リコと呼ばれる現在も採掘中の鉱山ツアーに参加することだ。

セロ・リコでは、銀やスズ、タングステンなど多くの鉱物が採れ、かつてはスペイン植民地の財政を支え、現在もボリビアを支える重要な場所の一つになっているらしい。

鉱山ツアーは、8時半か9時に出発となり、およそ13時半頃終了となることが多いようだ。

多くの旅行会社が鉱山ツアーを扱っているが、旅行会社によって内容に差があるらしい。

鉱山ツアーでは、まず旅行会社で、作業衣やヘルメット、ライト、さらにバッグを貸してもらう。

はじめは
「何を、大げさに…」
と思ったりもしたのだが、後で大勘違いだったことがわかった。

着替えた後に、まずは、炭鉱労働者向けの店が集まる市場へ向かった。

ここで、コカの葉やダイナマイトなどを購入できる。
コカの葉自体はボリビアでは合法で問題ないらしいのだが、ダイナマイトはさすがに誰でも手に入れられることは問題なようだ。
ただし、一方で、この鉱山は、ボリビアの重要な産業であり、ダイナマイトが必要不可欠なため、警察も黙認しているのだとか。
さすが、ボリビア。
何でもありである。

コカの葉の効果や、ダイナマイトなど一通り説明を受けた後に、炭鉱労働者向けに土産を買わされることとなった。
これは、事前に情報を得ていて知っていたので問題はないのだが、
・ジュース
・コカの葉
・軍手
を、ツアー参加者全員、強制購入させられ、意外に高いのはちょっと不満だ。

その後は、鉱山へ向かった。

途中、鉱物の精製をするプラントを少し見学し、鉱山とポトシのビューポイントに立ち寄りつつ、鉱山の入り口に到着した。

鉱山入り口付近でも、幾人かの労働者が働いていた。
昔ながらの、トロッコを用いた作業方法で、重労働だということが一瞬で理解できた。

いよいよ鉱山内部へ進んでいくことになった。

鉱山内部は、もちろん真っ暗なのだが、想像以上に高さが低く、常に中腰で歩いていかなければならない。
そして、ぬかるんでいる場所も多く、足場もかなり悪かった。

ツアー参加者が中にいる時でも、もちろん作業は継続されており、トロッコが引切り無しに行き来している。

安全靴を履いているわけでもなく、トロッコのレールもかなり悪くて何度も脱線しており、足を怪我しないよう注意しながら進むなど、なかなか疲れる行程となった。

鉱山は奥に進むほど、空気が薄くなってくることが実感できた。
そもそも、ポトシは4100mほどの高地にあり、空気が薄いのだが、そこに高度順応できていても、鉱山内では、相当息切れしてしまう。
そして、簡単には回復しないのだ。

申し込み時には、特に説明もなく誰でも参加できるのだが、体力に自信がない人は、吟味してから参加すべきと思えるほど、かなりハードな内容だった。

結局、鉱山内を2時間程度歩き回った。

ようやく鉱山の外に出ると、空気がおいしい。
この町は排気ガスもすごく、本当はひどい空気なのだが、鉱山内に比べればだいぶマシである。

ここの鉱夫は、だいたい13歳くらいから働き始め、50歳くらいで退職するらしい。
ただ、過酷な労働条件のため、寿命も短いのだとか。
それも納得の、鉱山内の劣悪な環境を感じることができた。

最後の方は、疲れから、
「早く終わらないかな」
などと思ったりもしたが、想像以上に充実した内容で大満足だ。
途中、イギリス人の参加者なんてフラフラだったくらいハードだったけど。

体中汗だくだくだし、よじ登ったり、這ったりしたため、服もカバンもドロドロである。
私服で来ていたら、とんでもないことになることだったと、一安心だ。

ネットで調べたところ、ダイナマイトの爆発の様子を見学できるとのことだったが、ダイナマイトを購入したにもかかわらず、この日は爆発見学はできず。
ここだけは少し、心残りだったが、それもあまり気にならないくらい満足度は高い。

2012Bolivia215

作業着に着替えて、出発。

2012Bolivia216

コカの葉を売っているおばちゃん。

2012Bolivia217

店の前で、説明を受ける。

2012Bolivia218

ダイナマイト。

2012Bolivia219

ダイナマイトなどを売っている鉱山労働者向けの店が集まる一角。

2012Bolivia220

ダイナマイト一式。

2012Bolivia221

精製プラントを見学。

2012Bolivia222

ミネラルの分離などを行っているらしい。

2012Bolivia223

このエリア全体が、鉱山に関わる向上エリアらしい。

2012Bolivia224

鉱山に行く途中に、ポトシの展望台へ。

2012Bolivia225

鉱山全景。

2012Bolivia226

鉱山に近づいてきた。

2012Bolivia227

意外にも労働者が少ない。

2012Bolivia228

日本の中古バスも大活躍。

2012Bolivia229

鉱山に到着。

2012Bolivia230

ここでは全て手作業らしい。

2012Bolivia231

鉱山入り口。

2012Bolivia232

掘った鉱物を運び出す。

2012Bolivia233

THE力仕事といった感じだ。

2012Bolivia234

鉱山入り口でしばし時間潰し。

2012Bolivia235

その間にもなんどもトロッコがやってくる。

2012Bolivia236

そしていよいよ内部へ突入。

2012Bolivia237

狭い、そして暗い。

2012Bolivia238

引っくり返ったトロッコ。

2012Bolivia239

ドロドロになる。

2012Bolivia240

鉱物が含まれた岩盤。

2012Bolivia241

狭い中、頑張って進む。

2012Bolivia242

途中、何度か説明を受ける。

2012Bolivia243

空気が薄い。写真を撮る気力が…。

2012Bolivia244

ということで、途中以降写真を断念し(本当は塵で壊れるのが怖かった)、最後の守り神だけ撮影。

町中に戻り、夕方のバスでスクレに移動することにしていたため、大慌てでポトシの町観光をすることにした。

この町には、教会なども多く、町並み自体が植民地時代の雰囲気を残していて美しい。

ただ、見どころ自体は決して多くないため、どうにか観光を終えることができた。
ポトシ、大満足の町である。

現時点で、既にウユニより満足度は高くなってしまった。

2012Bolivia200

カテドラル。

2012Bolivia260

プラザとカテドラル。

2012Bolivia189

プラザとカテドラルの夜景。

2012Bolivia201

町並みもきれい。

2012Bolivia204

ワイルドなおじちゃんの銅像。

2012Bolivia205

朝日に照らされた町。

2012Bolivia206

町中の至るところから鉱山が見える。

2012Bolivia207

ガイドブックには載っていない小さな教会も多い。

2012Bolivia208

坂が多く、標高も高いのでかなり疲れる。

2012Bolivia209

ワイルドな犬を発見。食べているのは豚の頭。

2012Bolivia210

町並み。

2012Bolivia211

町並みその2。

2012Bolivia212

町並みその3。

2012Bolivia213

町並みその4。

2012Bolivia214

町並みその5。

2012Bolivia245

メルカド。

2012Bolivia246

内部はかなりこじんまりしている。

2012Bolivia247

活気がない。

2012Bolivia248

牛の頭発見。

2012Bolivia249

ワイルドすぎる…。

2012Bolivia250

サン・ロレンソ教会。

2012Bolivia251

サン・ロレンソ教会その2。

2012Bolivia252

サン・ベルナルド教会。

2012Bolivia253

イエルサレン教会。

2012Bolivia254

サンタ・テレサ聖堂と修道院。

2012Bolivia199

サンタ・テレサ聖堂と修道院の夜景。

2012Bolivia255

ラ・コンパニーア・デ・ヘススの塔。

2012Bolivia197

ラ・コンパニーア・デ・ヘススの塔の夜景。

2012Bolivia256

ラ・コンパニーア・デ・ヘススの塔の内部は有料。

2012Bolivia257

サント・ドミンゴ教会。

2012Bolivia258

旧国立造幣局とカテドラル。

2012Bolivia196

旧国立造幣局の夜景。

2012Bolivia261

サン・アグスティン教会。

2012Bolivia262

サン・アグスティン教会周辺。

2012Bolivia263

サンタ・モニカ教会。

2012Bolivia264

観光客用のエリア。

2012Bolivia266

サン・マルティン教会。

2012Bolivia267

サン・フランシスコ教会と修道院。

2012Bolivia269

サン・フランシスコ教会と修道院その2。

2012Bolivia270

プラザ周辺。

2012Bolivia193

夜は一層、雰囲気が出る。

2012Bolivia271

プラザ周辺その2。

2012Bolivia186

プラザ周辺の夜景。

2012Bolivia187

プラザ周辺の夜景その2。

2012Bolivia192

プラザ周辺の夜景その3。

2012Bolivia185

プラザのオブジェのライトアップ。

2012Bolivia272

日本のバスだらけだ。