ボリビア:ラ・パス ~本場のフォルクローレ鑑賞~

ボリビアといえば、フォルクローレの中心地であり、ラ・パスにも有名なペーニャがいくつもある。

まずは、ぺぺ・ムリーリョ氏率いるバンドが有名なマルカ・タンボだ。
ここは日本人の秋元さんという方も出演する可能性が高いらしい。

観光客向けと言うよりも純粋に音楽を堪能できる店らしいのだが、いかんせん開始時刻が遅い。
通常22時に演奏が開始され、夜中の2時頃に終了になるのだとか。

タクシーを使えばいいのだが、正直アクセスが悪すぎ、そもそもパタゴニア以来早寝早起き生活をしているだけに、22時以降に行動するというのが辛すぎて、断念することにした。

また、無理やりでもアクセスしなかった理由の1つが、日本人が行くと舞台に上げられて「スキヤキ」を歌わされる可能性が高いと聞いていたためだ。

このような伝統的なものを見るのは大好きだが、そこに自分が参加するのは苦手、というより嫌いである。

バリの伝統舞踊のように、ショーだけで勝負してくれればいいのにと感じたりもする。

2012Bolivia434

マルカ・タンボ。

続いて有名なのがウアリだ。

ここは観光客向けのショーを見せてくれるペーニャなのだが、いざアクセスしてみると、今日は他に客がいないから、ショーは行わないとのことだ。

ガイドブックにも毎日ショーが開催されていると記載されていただけに、がっかりだ。

翌日、再度訪れてみた。

昨日に引き続き、客は決して多くない。
客は、自分を含めて、5人のみ。
全て日本人だった。

今日も、ショーはないのかなと思っていたところ、
「今日は、ショーを開催する」
とのことだ。

以前、訪れたことがある人に、観客がかなり頻繁に参加すると聞いていたので、あまりにも人数が少ないので、少し嫌だなと思ったりも…。

ただ、あまりにも人数が少ないが故に、曲のリクエストなども自由にでき、なかなか良い雰囲気だった。

ここでは、歌だけでなく、ボリビアの伝統ダンスもいくつも見ることができた。

ショー自体は、決してレベルが高いとは感じなかったが、本場ボリビアでフォルクローレが見れたので満足だ。

2012Bolivia370

ペーニャ・ウアリ。

2012Bolivia371

内装はだいぶ凝っていて雰囲気がある。

2012Bolivia372

レストラン内部。

2012Bolivia373

レストラン内部その2。

2012Bolivia375

フォルクローレ開始。

2012Bolivia376

ボリビア各地の踊りのショーも開始。

2012Bolivia377

客が少ないため、1列目で鑑賞。

2012Bolivia378

会場の色がすごい派手だ。

2012Bolivia379

客が少なすぎて、目が合うのはちょっと問題だけど。

2012Bolivia380

ショーの様子。

2012Bolivia381

ショーの様子その2。

2012Bolivia382

合間にフォルクローレの演奏。

2012Bolivia383

今度はタンゴのような踊り。

2012Bolivia384

ショーの様子その3。

2012Bolivia385

ショーの様子その4。

2012Bolivia386

ショーの様子その5。

2012Bolivia389

ショーの様子その6。

2012Bolivia390

ショーの様子その7。

2012Bolivia391

ショーの様子その8。

2012Bolivia392

演者の休憩のため、フォルクローレが演奏される。

2012Bolivia393

次はオルーロの祭りを模した踊りらしい。

2012Bolivia394

すごい仮面だ。

2012Bolivia395

良くこんなデザインが思いついたもんだ…。

2012Bolivia397

動きもかなり激しい。

2012Bolivia398

たぶんこの踊りが、ここでの最大の見どころだ。

2012Bolivia399

ちなみにオルーロの祭りは、南米三大祭の一つだ。

2012Bolivia400

あとの二つは、リオのカーニバルと、クスコのインティライミ。

2012Bolivia401

二つに比べて知名度が断然低いけど。

2012Bolivia402

また、フォルクローレ。

2012Bolivia403

次の踊りの開始。

2012Bolivia404

このおっさんの仮面はいったい…。

2012Bolivia406

ショーの様子その9。

2012Bolivia407

ショーの様子その10。

2012Bolivia408

ショーの様子その11。

2012Bolivia409

ショーの様子その12。

2012Bolivia410

ショーの様子その13。

2012Bolivia411

ショーの様子その14。

2012Bolivia412

ショーの様子その15。

2012Bolivia413

ショーの様子その16。

2012Bolivia414

ショーの様子その17。

2012Bolivia415

ショーの様子その18。

2012Bolivia416

ショーの様子その19。

2012Bolivia418

ショーの様子その20。

2012Bolivia419

ショーの様子その21。

2012Bolivia420

ショーの様子その22。

2012Bolivia423

ショーの様子その23。

2012Bolivia425

ショーの様子その24。

2012Bolivia426

レストランにあった置物。

2012Bolivia428

レストランにあった置物その2。

最後に、エル・パルナソ・ボリビアにも訪れてみたのだが、20時からショー開始に関わらず、19時50分の時点でも、客が誰もいない…。

ペーニャは、廃れてしまったのだろうか。

1人で見るほど寂しいものもなく、なんだかどうでもよくなって宿に戻ることにした。
全般的に感じたのは、ペーニャというものが、あまり現在のボリビアの生活に根付いていないのではないかということだ。
ガイドブックに載っているような有名どころでも、あまりにも観客が少ないことがとても気になった。