アメリカ:シアトル ~パイオニア・スクエア・パーク~

パイク・プレース・マーケットでの観光が予想以上に早く終わってしまったため、パイオニア・スクエア・パークも訪れることにした。

2011Seattle068

パイオニアパーク駅。

2011Seattle056

列車とバスが走る地下道。

2011Seattle057

パイオニアパーク駅の様子。

パイオニア・スクエア・パークは、シアトル発祥の地らしい。
現在ではこぎれいなカフェやギャラリーが集まる街になっている。

2011Seattle063

美しい町並み。

 

2011Seattle067

おしゃれなビルも建っている。

パイオニア・スクエア・パークには、シアトルの名前の由来となっている酋長チーフ・シアトルの胸像がある。
有名らしいので見に行ってみたのだが、予想をはるかに超えた小ささで驚いてしまった。

2011Seattle066

酋長チーフ・シアトルの胸像。

近くには、2代目トーテム・ポールがある。
パイオニア・スクエア・パークのトーテム・ポールは高さもあり、立派である。
ただ、現在のものは再建されたトーテム・ポールだが、初期のものはシアトル有力者たちがアラスカ視察に訪れた際盗んできたものだとかで、なんとも…。

2011Seattle064

2代目トーテム・ポール。

2011Seattle065

2代目トーテム・ポールその2。

近くにあるオキシデンタル・スクエアにも行ってみることにする。
ここにも4つのトーテム・ポールがあるが、高さも低く、しょぼい…。
オキシデンタル・ペデストリアン・ウォークには消防士のメモリアルブロンズ像などもあるが、いずれもがわざわざガイドブックに載せるほどのものとは思えず、がっかり。

2011Seattle058

オキシデンタル・スクエアのトーテムポールその1&2。

2011Seattle059

トーテムポールその3。

2011Seattle060

トーテム・ポールその4。

2011Seattle061

オキシデンタル・スクエア。ホームレスがたくさんいる。。。

2011Seattle062

消防士のメモリアルブロンズ像

シアトルは、全般的にいまいちおもしろくない。
天気が悪いせいもあるのだろうが、見るもの見るものが期待以下なのだ。

ただ、今回は時間が合わず、参加することはできなかったが、ここではアンダーグラウンド・ツアーと言うものが行われているらしい。
シアトルは、1889年に大火事があり、一度焼け野原になってしまっているらしく、現在の街はその焼けた街を埋めた上に作られているのだとか。
ツアーでは、古い街の一部を見学できるように開放しているらしく、ぜひとも参加してみたかったが、時間の都合上仕方ないので諦めることにする。

コメント