ペルー:トルヒーヨ ~チャンチャン遺跡・ツアー~

トルヒーヨでの午後は、引き続き、市内の北を巡るツアーに参加することにした。

まずは、ドラゴンのワカを訪れた。

2012Peru442

ドラゴンのワカ。

2012Peru443

ドラゴンっぽいレリーフ。

2012Peru444

ただ、これが作られた時にドラゴンの伝説はなく、ドラゴンではないらしい。

2012Peru446

ドラゴンのワカから町の展望。

2012Peru447

ドラゴンのワカの屋上。

2012Peru448

月のワカに比べると、興味が湧かない…。

2012Peru449

ドラゴンのレリーフ。

2012Peru450

同じレリーフが繰り返されている。

ここは、何に利用されていたかは未だにわからない場所らしく、地元の人はドラゴンのワカとは呼ばず、虹のワカと呼んでいるらしい。

次いで、世界遺産にも登録されているチャンチャン遺跡を訪れた。

チャンチャン遺跡は、チムー王国の首都だった遺跡だ。
チムー王国は、1100年頃からインカに征服されるまで栄えていた王国で、エクアドルからの海岸沿い700キロもを支配していた王国らしい。

チャンチャン自体も20キロにも及ぶ広大な遺跡なのだが、見学できるのは一部分のみである。

ただ、午前中に訪れた月のワカのインパクトには到底及ばず、さほど印象に残らなかった。

2012Peru459

チャンチャン遺跡博物館。

2012Peru453

かつての様子の展示がしてある。

2012Peru454

こんな人がいたかと思うと、とても魅力的だ。

2012Peru455

博物館の展示。

2012Peru456

博物館の展示その2。

2012Peru457

博物館の展示その3。

2012Peru458

博物館の展示その4。

2012Peru460

博物館見学を終え、チャンチャン遺跡見学を開始。

2012Peru461

規模は大きい。

2012Peru462

高い土壁の中を進んでいく。

2012Peru463

広間へ出た。

2012Peru464

まだ、そこで何が行われていたか、解明されていないものも多いらしい。

2012Peru465

また、一般に公開されてるのは、ほんの一部分なんだとか。

2012Peru466

レリーフ。

2012Peru468

多くの種類のレリーフがある。

2012Peru470

ただ、オリジナルは少ないらしい。

2012Peru471

遺跡を進んでいく。

2012Peru472

正直、月のワカが凄すぎただけに、興味が湧かない。

2012Peru474

壊れてしまっている部分も多い。

2012Peru475

再び広間。

2012Peru476

台座。

2012Peru477

チャンチャン遺跡の最大の見どころ。

2012Peru478

きれいな装飾を見ることができる。

2012Peru479

個人的には屋根が邪魔なんだけど…。

2012Peru481

実はこれらはほとんどレプリカで、オリジナルはレプリカの裏に隠れているらしい。

2012Peru483

雨などによる崩壊を防ぐためなのだとか。

2012Peru484

美しいレリーフ。

2012Peru485

所々に、レプリカの表示がある。

2012Peru487

さらに、遺跡の奥へ向かう。

2012Peru488

変わり映えのしない風景なので、だんだん飽きてきた。

2012Peru489

ちょっと崩壊度合いがひどすぎるかも。

2012Peru491

貯め池。

2012Peru493

遺跡の広間。

2012Peru494

地震大国ペルーならではの耐震設計。

2012Peru497

もうちょっと発掘が進んでいれば良いのだけれど。

2012Peru498

ここで見学ルートは終了。

2012Peru499

トルヒーヨのハイライトは、月のワカで確定!

その後は、ワンチャコ海岸を訪れ、夕日を眺めた後に、トルヒーヨへ戻り、解散となった。

2012Peru500

ワンチャコ。

2012Peru501

ワンチャコ海岸。

2012Peru502

想像以上に大賑わいだ。

2012Peru504

トトラ舟に乗ることもできる。

2012Peru507

トトラ舟が立ち並ぶ。

今回のトルヒーヨのツアーでは、ガイドの質がとても高く、大満足だった。
おそらく、遺跡のすごさをガイドが何倍にも引き立たせていたと思う。

ツアーでは、ガイドの印象が大事だなと実感した。