アラスカ:オーロラ鑑賞の準備

オーロラ鑑賞にはいくつかの候補があるが、せっかく高いお金を出していくのだから、なるべく最高のオーロラが見れる場所を選ぼうと、念入りに計画を立てた。

1. 個人旅行orツアー

通常、個人でしか旅行はせず、ツアーは検討すらしないのだが、厳寒地へ行くオーロラ鑑賞は特殊なので、個人旅行とツアーの比較を行った。

個人旅行
[メリット]
・費用を安く抑えられる。(特に1人で行く場合)
・団体行動に縛られず、自由に行動が可能。
・ロッジの移動など、計画を自由にたてられる。
・宿泊日数などの設定も当然自由。
[デメリット]
・ホテル、移動などすべてを事前にアレンジする必要があり、手間がかかる。
・防寒着のレンタルのアレンジ、もしくは自分で用意する必要がある。
・アレンジは英語で行うため、それなりの英語力が必要。

ツアー
[メリット]
・すべてを旅行会社が手配してくれるので楽。
・防寒着無料レンタルの場合が多い。
[デメリット]
・市内滞在で、夜間郊外に移動しオーロラ鑑賞をすることが多く、見学時間は22時~26時半頃までが一般的。鑑賞時間に制約があり、例えば、27時にオーロラが出た場合、見逃してしまう。
・オーロラ鑑賞チャンスが2日半(到着日含め)程度のことが多い。延泊すると、値段が跳ね上がる。
・価格が高い。特に1人参加だと値段が跳ね上がる。

-> 結論として、費用を安くできるだけ長期滞在しオーロラを確実に鑑賞をしたかったため、今回は個人旅行を選択した。

2. 観測地

次に、検討すべきは、観測地である。
オーロラ鑑賞では、アラスカ(フェアバンクス)、カナダ(イエローナイフ)、北欧が観測地として有名であるが、それぞれメリット・デメリットがある。

アラスカ
[メリット]
・晴天率が非常に高い。
・郊外のロッジに滞在し、一晩中鑑賞が可能。
・フェアバンクス市内に滞在し、夜だけオーロラ鑑賞に郊外に訪れることもできる。
[デメリット]
・アクセスが悪い(シアトル経由が一般的)。JALがチャーター直行便を出すこともあるが、滞在日数が4日と延長できない。
・費用が他の2つの観測地に比べ、とても高い。
・郊外ロッジ滞在の場合、昼間やることがない。

カナダ
[メリット]
・晴天率が高い。
・アラスカよりは安価な費用に抑えられる。
[デメリット]
・市内滞在で、夜間郊外に移動しオーロラ鑑賞をするのが一般的。27時以降にオーロラがブレークした場合、見逃してしまう。

北欧
[メリット]
・昼間の観光、アクティビティーが充実している。
・催行ツアー数も多く、安価な費用に抑えられる。
[デメリット]
・晴天率が低い。単純に降水量を比較すると、アラスカの5倍ほどもある。

-> 今回の目的はオーロラなので、その他の条件はすべて後回しにし、アラスカに決定した。

3. 観測方法

観測方法は、ロッジ滞在と、市内のホテルに滞在し、ツアーを利用して夜間郊外に移動してオーロラを見る2つの方法がある。

ロッジ滞在
[メリット]
・一晩中鑑賞が可能。
[デメリット]
・昼間やることがない。
・自炊をしなければならない、ロッジが多い。
・市内ホテルに比べ、宿泊費が高い。

市内ホテル滞在、夜間郊外に移動し鑑賞
[メリット]
・昼間の観光が可能。
・食事なども多彩で選べる。
[デメリット]
・ツアーで郊外に移動するため、鑑賞時間に制約がある。
・夜間はツアーで郊外に移動するため、結果的に費用がかさむ。

-> 今回の目的はオーロラなので、ロッジ滞在を選択した。

4. フェアバンクスのロッジ

フェアバンクスにはいくつか有名なロッジがあり、それぞれ特徴がある。

チェナ・ホット・スプリングス・リゾート
[メリット]
・温泉に入れる。
・スノーモービル、犬ぞり、アイス・ミュージアムなどオーロラ鑑賞以外も充実。
・送迎サービスがある。
・防寒着レンタルがある(値段は高い)。
・日本人スタッフが常駐。
[デメリット]
・宿泊費、アクティビティ費用ともに高い。
・キャタピラ雪上車で山頂に登れるが、費用が高い。

マウント・オーロラ・フェアバンクス・クリークキャンプ
[メリット]
・スキーランドのオーナーの経営で、夜間はスキーランドの鑑賞ロッジを利用可能。
・スキー場からのオーロラ鑑賞になるため、見晴らしは最高。
・宿泊費が比較的安い。
・夕食つきにもでき、ネットによると評判が高い。
・オーナーが日本人びいきでとても親切と、ネット上にいくつか書き込みがある。
[デメリット]
・送迎サービスがない。
・防寒着レンタルがない。
・スキー場からのオーロラ鑑賞になるため、見晴らしは最高だが、写真には不向き(木などが少ない)。
・スキーランドの鑑賞ロッジまで徒歩で10分程度かかる。夜間マイナス30度での移動はそれなりに大変。

ノーザン・スカイ・ロッジ
[メリット]
・宿泊費が比較的安い。
・犬ぞりも可能。
・送迎サービスがある。
・防寒着レンタルが無料。
・オーナーの手作り料理がとてもおいしいとのネットの評判。
[デメリット]
・北側の木が伸び放題で、条件のいいオーロラでないと見れない場合がある。
・オーナーが親切という書き込みと、オーナーが気まぐれという書き込みがネット上に混在しており、少し不安。
・暖房か効かず、寒いとのネットの書き込み。

オーロラ・ボレアリス・ロッジ
[メリット]
・部屋からオーロラ鑑賞ができる。
・北側が開けており、オーロラ鑑賞に最適。
・適度に木などもあり、写真撮影にも最適。
・ロッジがとてもきれい。
・防寒着レンタルがある。
・送迎サービスがある。
・日本人オーナーが経営。
[デメリット]
・自炊をしなければならない。
・犬ぞりなどのアクティビティがなく、昼間やることがない。
・宿泊費は高め(その分設備充実)。

チャタニカ・ロッジ
[メリット]
・ゴールドラッシュ全盛期に金鉱採掘者の憩いの場らしく、雰囲気が良い。
・地元の人にも人気のレストラン併設。
[デメリット]
・オーロラ鑑賞を目的としたロッジではなく、見晴らしなど考慮されていない。
・インターネット上にも情報が少なく、詳細が不明。

シャンダラー牧場
[メリット]
・宿泊費が安い。
[デメリット]
・インターネット上にも情報が少なく、詳細が不明。

-> オーロラの写真を撮ることが最大の目的のため、オーロラ・ボレアリス・ロッジとマウント・オーロラ・フェアバンクス・クリークキャンプの2箇所に滞在することにした。

コメント