アラスカ:フェアバンクス ~オーロラ・ボレアリス・ロッジ~

アラスカ航空でフェアバンクス国際空港に到着した。

アラスカ航空は、そもそもの値段がとても高いのだが、それとは別に機内預け荷物には一律20ドルが必要らしい。
そのためか、多くの人がでかい荷物を無理矢理手荷物として持ち込むため、機内は荷物で溢れかえっていた。
当然、頭上の荷物入れには入らず、足元に置くことに。
ただでさえ、アメリカ人は体格が大きく、横に座られるだけで窮屈になるのに、足元まで窮屈になってしまうとは…。
それにしても、アメリカ人(特にアラスカ航空に乗る人)はでかい。
荷物に20キロの料金をかけるのでなく、体重にたいして一律で料金を徴収すればいいのに。
アメリカ人がビジネスクラスに乗っても、まるで日本人がエコノミークラスに乗っているくらいしか席のゆとりが無くなってるし…。
アラスカ航空での、シアトル-フェアバンクス往復の料金は日本-シアトル往復とあまり変わらず、預け入れ荷物は別料金、さらに夕食も出ずとなかなかのサービスの悪さ。
この路線は競争がない独占路線のため仕方ないのだろうけど。

ということで、窮屈な中4時間ほど空の旅(苦しみ)を満喫し、フェアバンクスに到着した。
幸運なことに、飛行機の窓からはオーロラを眺めることができた。

 

2011Alaska205

フェアバンクス国際空港。意外に大きく、とてもきれい。

 

2011Alaska207

チェックインカウンター。

2011Alaska206

荷物受け取りも非常にスムーズ。

2011Alaska001

空港内にあった白熊と熊の剥製の展示。

 

 

空港には、オーロラ・ボレアリス・ロッジの送迎車が来ており、一路ロッジへ。

と言うわけには行かず、自炊をせねばならないロッジのため、スーパーに立ち寄ってもらう。
フェアバンクスにはいくつものスーパーがあり、そのどれもが規模が大きい。
肉類は当然だが、野菜類も豊富で、日本製のものも多くある。
何より、冷凍食品系のものが品数豊富でおいしそうで目移りしてしまった。
日本でも都心部に数店舗あるトニー・ローマのリブ・ステーキの冷凍版が売られているなど食品の買出しも楽しい。
アラスカなのだから、カリブーやトナカイの肉が売られているのかと思いきや、そんなことはなく少しだけ拍子抜けしてしまった。

話によると、今日はオーロラの活動が活発になりそうとのことで、スーパーでの買出しを急いで済ませ、ロッジに向かうことにする。

現在、マイナス20度くらいだが、アラスカは湿度が低いらしく、さほど寒く感じない。
防寒着レンタルなどなくとも、
上半身:ユニクロのヒートテックTシャツ+ロウアルパインのナイロンのシャツ+ロウアルパインのアウトドアフリース+モンベルのタウンユースダウン+ユニクロのダウン
下半身:ユニクロのヒートテックタイツ+ジーンズ
で十分凌げそうだ。
ただ、顔は非常に寒いので、アウトドア用目だし帽はあったほうが良さそうだ。

ロッジに向かう途中の車窓からもオーロラがいたるところに見え、ロッジには深夜12時を過ぎた頃に到着した。

ロッジに着くなり、ロッジのオーナーに、
「チェックインは後回しにして、オーロラをまず見てください」
と言われる。
どうやら、昨日、今日と今シーズン最大のオーロラが見えているとのことだ。

慌てて、三脚やカメラを用意し、オーロラ観測を開始する。
緑色のオーロラに加えて、赤っぽいオーロラが北の空だけでなく、東西南北すべての空に現れている。
動きは小さく、それぞれの大きさこそさほど大きくないが、初日からすごいオーロラが見れて満足だ。

1時頃になり、オーロラの動きが小さくなり、色も薄くなってきたため、チェックインをすることにする。
ロッジは予想以上にきれいで、居心地はとてもよさそうである。

2011Alaska041

オーロラ・ボレアリス・ロッジ。

2011Alaska046

オーロラ・ボレアリス・ロッジのメインロッジと宿泊ロッジ。

2011Alaska032

オーロラ・ボレアリス・ロッジのメインロッジ。

2011Alaska035

オーロラ・ボレアリス・ロッジのメインロッジ裏側。

2011Alaska034

オーロラ・ボレアリス・ロッジの宿泊ロッジ。

2011Alaska048

宿泊ロッジの各部屋には大きな窓がついている。

2011Alaska056

宿泊ロッジの窓からみた外の風景。

2011Alaska057

宿泊ロッジの窓からみたオーロラ。

2011Alaska058

宿泊ロッジの窓からみたオーロラその2。

2011Alaska028

ベッドも大きく、快適。

2011Alaska029

キッチンの設備も充実しており、快適に過ごせる。

2011Alaska030

場所的に難しいのだろうが、バスタブがあればなお素晴らしいのだけれど。

 

チェックインを済ませ、また空を眺めていると、3時過ぎになり、またオーロラの色が濃くなってきた。
それどころか、すさまじくオーロラが動き回っている。
先ほどまで、一緒に鑑賞していた人たちは3時を回り眠ってしまったようだが、先ほどまでのオーロラなんて目じゃないほどのすさまじいオーロラが空に出ている。
先ほどまでのオーロラが今シーズン最大ならば、今見ているものは間違いなくそれ以上である。
興奮を抑えつつ、慌てないように写真を撮り続けた。
4時頃になり、オーロラは消え去ってしまった。
どうやらオーロラのブレーク・アップ現象を初日にして見れたようだ。

 

2011Alaska002

ロッジに着くと同時にうっすらと赤いオーロラが現れた。

2011Alaska003

赤いオーロラが見れるのは非常に珍しいのだとか。

2011Alaska009

オーロラが大きく、南の空にもオーロラが現れた。

2011Alaska004

暗いオーロラはまるで雲のよう。

2011Alaska006

3時頃になり、明るいオーロラが広がり始めた。

2011Alaska008

明るさも強く、色も鮮やかになってきた。

2011Alaska012

オーロラの光が強くなる。

2011Alaska010

さまざまなかたちに変化していく。

2011Alaska011

この日最もオーロラが明るくなった瞬間。

2011Alaska013

同時に東の空にも別のオーロラが現れた。

2011Alaska014

北の空ではいまだに明るいオーロラが揺らめいている。

2011Alaska015

だんだんとオーロラが消えつつあるが、光の筋が美しい。

2011Alaska016

初日にオーロラがブレークしてとてもラッキーだった。

 

初日にして大物が見れたわけだが、この時点では毎日それなりのオーロラが見れるものだと勝手に思っていたのだが、実際はそんなに甘いものではなかった。

2日目は、天気は快晴だったものの、オーロラは北の空低くにしか出ず、1日目のようなすさまじいものは見ることはできなかった。
ただ、空気がとても澄んでおり、星空が素晴らしい。
幸運にもオーロラは北の空低くに出ているため、天体写真の邪魔にはならない。
オーロラと星空の写真を撮るなどし、初日同様に満足の行く1日を過ごすことができた。

 

2011Alaska017

北極星を中心とした北の星空とオーロラ。

2011Alaska019

南の星空。

 

3日目、4日目と小さいオーロラは見ることができたが、1日目を見てしまっているだけに写真を撮る気にはなれず、満足のいくものではなかった。
また、天気も曇りがちで、星空も満喫するほどは見ることができなかった。

 

2011Alaska005

通常は北の空の低い位置にオーロラが現れることが多いようだ。

2011Alaska007

きれいだが、オーロラのブレークを見た後だと物足りない。

2011Alaska018

北の星空とオーロラ。

2011Alaska020

雲がかかっていてもオーロラが強ければ見ることができる。

2011Alaska021

2時半くらいまではメインロッジがオープンしている。もちろん宿泊ロッジからはでも夜中中鑑賞可能。

 

昼間はやることがないのだが、スノーシューを無料で借りることができ、周辺を少しだけ散策することもできた。

 

2011Alaska047

無料で利用できるスノーシュー。

2011Alaska031

ロッジ前の道路。

2011Alaska033

6時前の北の空。ここでオーロラを見ることができる。

2011Alaska036

ロッジ周辺の道路。

2011Alaska037

ロッジ周辺には気も多くあり、オーロラ写真にはもってこいのロケーション。

2011Alaska038

湿度が低く、晴れていればさほど寒さを感じない。

2011Alaska039

ロッジに向かう電線。

2011Alaska040

アラスカらしい絶景。

2011Alaska042

こんな雪道をスノーシューで散策できる。

2011Alaska043

雪と木々のコントラストが美しい。

2011Alaska044

ロッジ北側の景色。

2011Alaska045

ロッジ北側の景色その2。

2011Alaska049

ロッジ2階から見た夕焼け。

2011Alaska050

ロッジから見た夕焼け。

2011Alaska051

少し遠出をすると、多くの動物の足跡に出会う。

2011Alaska053

時には鳥の死骸も。

 

2011Alaska054

ロッジのある山の山頂付近からはマッキンリーを見ることもできる。

2011Alaska052

ロッジの山の山頂付近の風景。

2011Alaska055

快晴の日の雪景色。ロッジの山の山頂付近の風景その2。

 

オーロラ・ボレアリス・ロッジは非常に居心地のいいロッジだったが、多少料金がかかってもいいから、昼間のアクティビティの紹介(市内スーパーマーケット送迎や、犬ぞり斡旋など)を行ってくれれば、なお一層素晴らしいロッジになるのではとも感じた。

コメント