コロンビア:影の部分が目立つメデジン

ボゴタから約12時間、メデジンへやって来た。

イピアレスからカリ、カリからボゴダと長距離バスの大幅値引きに成功していたが、ボゴダからメデジンでは、全ての会社が同料金でまったく値引きしてくれず、予想以上の出費となった。

2012Columbia612

メデジンまでのバス。

さて、このメデジンだが、日本のガイドブックには掲載されていない場所である。
カリもそうなのだが、事前にロンリープラネットをコピーしていたので問題なかった。

一方、メデジンは当初訪れる予定がなく、情報が全くない。
メデジンへ来る前に、慌てて、ボゴダのホステルで、イタリア人から、イタリア版のロンプラを借りて、コピーしてきた。

やはりガイドブックがないと、東西南北すらわからず、相当厳しい。
ただ、持っているのがイタリア語のガイドブックのコピーとは…。

メデジンのバスターミナルはきれいで大きい。
早速、荷物を預けて、町歩きだ。

メデジンは、ボテロの生まれた町で、ボテロの作品を多く展示しているアンティオキア美術館やその前のボテロ広場が最大の見どころだ。

2012Columbia663

ボテロ広場。

2012Columbia664

ボテロ広場その2。

2012Columbia903

ボテロ広場その3。

2012Columbia644

ボテロ作品その1。

2012Columbia645

ボテロ作品その2。

2012Columbia646

ボテロ作品その3。

2012Columbia647

ボテロ作品その4。

2012Columbia648

ボテロ作品その5。

2012Columbia649

ボテロ作品その6。

2012Columbia650

ボテロ作品その7。

2012Columbia651

ボテロ作品その8。

2012Columbia653

ボテロ作品その9。

2012Columbia654

ボテロ作品その10。

2012Columbia655

ボテロ作品その11。

2012Columbia657

ボテロ作品その12。

2012Columbia658

ボテロ作品その13。

2012Columbia659

ボテロ作品その14。

2012Columbia662

ボテロ作品その15。

2012Columbia665

ボテロ作品その16。

2012Columbia666

ボテロ作品その17。

2012Columbia667

ボテロ作品その18。

2012Columbia668

ボテロ作品その19。

2012Columbia669

ボテロ作品その20。

2012Columbia661

ボテロ作品その21。

2012Columbia656

ボテロ作品その22。

アンティオキア美術館は有料でこそあったが、またも写真撮影可で楽しむことができた。
ただ、ボゴタの美術館で見ていれば十分かなという気も。

2012Columbia670

アンティオキア美術館。

2012Columbia652

アンティオキア美術館その2。

2012Columbia642

かなり近代的なビルもある。

2012Columbia643

エルミタ・デ・ベラクルス教会。

2012Columbia660

ラファエル・ウリベ宮殿。

驚いたのは、観光エリアのボテロ広場からわずか100m程度離れると、異常に雰囲気が悪くなることだ。

名所の一つであるカテドラル・メトロポリターナを見に行ったのだが、そこへ行く道がまた凄まじかった。

多くの人が地面に座り込んでおり、目が明らかにイっている…。
おそらく麻薬中毒者なのだろう。

そして、その通りには多くのホテルがあるのだが、入り口前には娼婦がたむろしており、執拗に誘ってくるのである。
コロンビアは、南米でも圧倒的に美人が多いのだが、どうしたの?と言いたくなるような容姿の人ばかりで、これは客引きを必死にしなきゃだめだろうなあと…。

ともあれ、このエリアでカメラを出す気にはなれず、また長居もしたくなく、早々に移動することにした。

2012Columbia906

カテドラル・メトロポリターナ。

2012Columbia907

ボリバール広場。

2012Columbia904

ボテロ広場からわずか100メートル。かなりやばい雰囲気。

2012Columbia909

メトロ駅から見下ろした風景。

2012Columbia908

裏路地へ行くと、娼婦や麻薬中毒者が多い。

2012Columbia911

大通りは平気そうなのだけれど。

2012Columbia913

かなり混沌とした町だ。

2012Columbia916

スラムはあちこちに広がっている。

メデジンに来る前に、友人にロープウェイが良かったと聞いていたので、観光案内所で尋ねてみるも、わからないようだ。
しつこく尋ねているうちに、どうやら市民の公共交通手段の一環の、メトロ・ケーブルではないかということがわかった。

メデジンには、ボゴダですら敷設されていない鉄道のメトロというものが走っているが、メトロのバスターミナルのある駅から、セントロと反対方向に2駅のAcevedo駅からロープウェイが出ているというのだ。

早速訪れてみたが、周囲は完全なる大スラム地帯だ。
なんと、このロープウェイは斜面を不法に占拠して建てられたスラムとメトロ駅を結ぶ公共交通機関らしい。

現在でこそ多少落ち着いてきているが、長年メデジンで最危険地区だったスラムの上空をロープウェイは進んでいくのである。
もちろん、落ち着いているとはいえ、強盗・殺人が現在でも起きている地区らしい。

ロープウェイに乗っている限り安全とのことで、素晴らしい景観をメトロの料金を払うだけで見ることができ、大おすすめスポットである。

ただ、訪れた時間が帰宅ラッシュの時間だったため、ロープウェイは大混雑。
外国人旅行者は全くおらず、ちょっとカメラを出しにくい。
さらに、彼らが住んでいるスラムを、大喜びで写真に収めていたら、明らかに良い気はしないだろうし、あまり写真を撮ることはできなかった。

写真を撮れなかったのは残念だったが、スラムを上空から眺めるという珍しい経験をでき、またそれがまさしく絶景であり、大満足だ。

2012Columbia918

Acevedo駅周辺。

2012Columbia919

ロープウェイが頻繁に運行されている。

2012Columbia922

駅周辺からいきなりスラム。

2012Columbia923

ロープウェイ駅は、メトロと直結。

2012Columbia924

メトロはきれいなんだけれど。

2012Columbia925

メトロに沿ってスラムが広がっている。

2012Columbia926

この周辺の治安はものすごい悪かったというのも納得の雰囲気だ。

2012Columbia927

ロープウェイとスラム街。

2012Columbia928

ロープウェイはかなりきれいな作り。

2012Columbia929

この辺りは、比較的、きれいな建物が多い。

2012Columbia931

ロープウェイの駅。

2012Columbia933

駅前。

2012Columbia934

あまり奥には立ち寄りたくない雰囲気だ。

2012Columbia935

ロープウェイの窓越しに、スラムを眺める。

2012Columbia939

この辺りは、メデジン有数の治安の悪い地域だったらしい。

2012Columbia944

確かに相当大規模なスラム街だった。

2012Columbia948

ロープウェイのおかげで上空から眺めることができた。

2012Columbia949

スラムは遠めに見るときれいなんだけど。

2012Columbia950

拡大すると、こんな感じ。

2012Columbia951

コロンビアの国民食バンデハ・パイサ。