ホンジュラス:世界の治安状況 ~世界で最も暴力的な50都市~

中米で、ニカラグアのマナグア、ホンジュラスのテグシガルパ、コスタリカのサンホセなど、近年凄まじく治安が悪化しているといわれている地域を通過してきた。

日本にいると、イラクなどの印象が強いためか、多くの人が中東がとても治安が悪いと思っている。
もちろん、中東でもイラクなどは別格なわけだが、その他の地域は民族紛争を除いては治安に不安を感じることは少ない。
そもそも、イスラムの教えで、窃盗などは悪いこととされており、荷物に不安を感じることもほとんどない。

次いで、アフリカについて治安が悪いと思っている人は多くいると思う。
実際、南アフリカのヨハネスブルグやケニアのナイロビ、さらに近年ではタンザニアのダル・エス・サラームの治安の悪さがすごいと聞く。

意外にも、西アフリカはイスラム圏が多く、旅行者も少ないため、治安としては悪くないという話も聞いた。

中南米の治安の悪さは、言わずもがなだが、実際数値として発表されているので、チェックしてみることにした。

あるNGOが人口10万人当たりの殺人死亡者数(殺人率)を割り出し、世界で最も暴力的な50都市のランキングを掲載している。

RANKING DE LAS 50 CIUDADES MÁS VIOLENTAS DEL MUNDO EN 2011
Posición Ciudad País Homicidios Habitantes Tasa
1 San Pedro Sula Honduras 1,143 719,447 158.87
2 Juárez México 1,974 1,335,890 147.77
3 Maceió Brasil 1,564 1,156,278 135.26
4 Acapulco México 1,029 804,412 127.92
5 Distrito Central Honduras 1,123 1,126,534 99.69
6 Caracas Venezuela 3,164 3,205,463 98.71
7 Torreón (metropolitana) México 990 1,128,152 87.75
8 Chihuahua México 690 831,693 82.96
9 Durango México 474 593,389 79.88
10 Belém Brasil 1,639 2,100,319 78.04
11 Cali Colombia 1,720 2,207,994 77.90
12 Guatemala Guatemala 2,248 3,014,060 74.58
13 Culiacán México 649 871,620 74.46
14 Medellín Colombia 1,624 2,309,446 70.32
15 Mazatlán México 307 445,343 68.94
16 Tepic (área metropolitana) México 299 439,362 68.05
17 Vitoria Brasil 1,143 1,685,384 67.82
18 Veracruz México 418 697,414 59.94
19 Ciudad Guayana Venezuela 554 940,477 58.91
20 San Salvador El Salvador 1,343 2,290,790 58.63
21 New Orleans Estados Unidos 199 343,829 57.88
22 Salvador (y RMS) Brasil 2,037 3,574,804 56.98
23 Cúcuta Colombia 335 597,385 56.08
24 Barquisimeto Venezuela 621 1,120,718 55.41
25 San Juan Puerto Rico 225 427,789 52.60
26 Manaus Brasil 1,079 2,106,866 51.21
27 São Luís Brasil 516 1,014,837 50.85
28 Nuevo Laredo México 191 389,674 49.02
29 João Pessoa Brasil 583 1,198,675 48.64
30 Detroit Estados Unidos 346 713,777 48.47
31 Cuiabá Brasil 403 834,060 48.32
32 Recife Brasil 1,793 3,717,640 48.23
33 Kingston (metropolitana) Jamaica 550 1,169,808 47.02
34 Cape Town Sudáfrica 1,614 3,497,097 46.15
35 Pereira Colombia 177 383,623 46.14
36 Macapá Brasil 225 499,116 45.08
37 Fortaleza Brasil 1,514 3,529,138 42.90
38 Monterrey (área metropolitana) México 1,680 4,160,339 40.38
39 Curitiba Brasil 720 1,890,272 38.09
40 Goiânia Brasil 484 1,302,001 37.17
41 Nelson Mandela Bay Metropolitan Municipality (Port Elizabeth) Sudáfrica 381 1,050,930 36.25
42 Barranquilla Colombia 424 1,182,493 35.86
43 ST. Louis Estados Unidos 113 319,294 35.39
44 Mosul Iraq 636 1,800,000 35.33
45 Belo Horizonte Brasil 1,680 4,883,721 34.40
46 Panamá Panamá 543 1,713,070 31.70
47 Cuernavaca (zona metropolitana) México 198 630,174 31.42
48 Baltimore Estados Unidos 195 620,961 31.40
49 Durban Sudáfrica 1,059 3,468,087 30.54
50 City of Johannesburg Sudáfrica 1,186 3,888,180 30.50

FUENTE: Consejo Ciudadano para la Seguridad Pública y la Justicia Penal A.C., 2012.

意外なことに、ヨハネスブルグの数値が低いのである。

そして、上位の多くは中南米が占めている。
なんと、50都市中40都市が中南米で占められ、ブラジルの14都市を筆頭に、メキシコが12都市、コロンビアが5都市と続いている。

晴れある第1位は、ホンジュラスのサン・ペドロ・スーラである。
やはり、ホンジュラスを危ないと思った感覚は正しかったのだ。

もちろん、中米に関しては麻薬組織の抗争などもあり、旅行者に直接的に関わるかというと謎な部分もある。

しかし、訪れる際の目安にはなると思う。
少なくとも、殺人は犯罪の頂点の行為であり、もし犯罪ピラミッドというものが存在するならば、強盗や殺人未遂、窃盗、スリなどはその何倍から何十倍もの確率で起きているはずなのである。

ちなみに、本データには、日本の数値は載っていないのだが、2002年時点のICPO調査によると1.10人で先進国で最も低いものだったらしい。
さらにこの数値では、というか日本の統計上の殺人では、殺人未遂・予備や自殺教唆・幇助をも含んでいるらしく、実質もっと低い数値になるらしい。

さすが日本。
素晴らしい。
たしかに、30年近く生きていて、強盗はもちろんスリにだって遭ったことがなかったし。
あれだけの満員電車に毎日乗っていて、財布に全く注意せず、さらに無くなったことがなかったということが奇跡のように思える。

やっぱ、日本は最高だわ。