パナマ:パナマ・シティで世界遺産と運河巡り

パナマシティの空港に到着した。

空港からはタクシーがあるのだが、1台28ドルと固定性である。
乗り合いタクシーもあるのだが、最低3人必要で集まるまで1時間程度かかることが普通らしい。
市内へ行く空港バスはなく、空港から少し離れた場所のバス停から、路線バスで市内に行くしかない。

しかし、市内を走っているメトロ・バスはプリペイド・カードがなければ乗れないらしい。
となると、派手派手ないかにもスリとかが多そうなチキン・バスに乗るしかない。

でも、28ドルは嫌だなと思い、何となくバス停方面に歩いていると、タクシードライバーに声をかけられた。
「今から、市内へ行くから、安くするから乗らない?」
シロタクでもなさそうだし、値段を聞いてみると、15ドルで交渉成立。

28ドルに比べると格段に安いし、空港から市内まで25キロほどあるので、15ドルでも構わないかなと。
ラッキー、ラッキー。

とても親切なドライバーで、ホテルに電話して、場所も確認してくれと、パナマは上々のスタートとなった。

2012Panama003

パナマ・シティは大都会。

2012Panama004

高層ビルの集中度合いは中東のよう。

2012Panama006

ただ、本当にこのエリアにしかない。

2012Panama073

海越しの景色もきれいだ。

2012Panama074

ニューヨーク?

2012Panama113

アメリカ映画に出てきそうだ。

2012Panama010

パナマらしい景色。

2012Panama007

バルボア像。

2012Panama002

カルメン教会。

2012Panama009

新市街から見たカストロ・ビエホ。

2012Panama012

魚市場。

2012Panama013

日本が支援して作ったようだが、誰も知らない様子…。

2012Panama014

なぜにもっとアピールしないのだろうか。

2012Panama114

常に活気がある市場だった。

2012Panama116

ロブスターなども売っていた。

2012Panama115

2階はレストランになっている。

2012Panama015

市場周辺から新市街を眺める。

2012Panama047

市場周辺からカスコビエホを眺める。

2012Panama109

新市街。この辺りにホステルが多い。

パナマシティでは、世界遺産に登録されているカストロ・ビエホをまず訪れてみた。

このエリアだが、カルタヘナの世界遺産の旧市街とは打って変わり、ただのスラムのような場所だ。
汚いというか、廃墟のような場所が多く、お世辞にも美しくない。

一つ印象深かったのが、大統領官邸だ。
こんなところに官邸が?といったような廃墟の間にあり、かわいそうだなと…。
こんなところに住まなきゃならないなら、パナマの大統領にはなりたくないわ。

2012Panama019

カテドラル。

2012Panama119

カテドラル内部。

2012Panama020

カテドラルと独立広場。

2012Panama018

メルセー教会。

2012Panama118

メルセー教会内部。

2012Panama030

サン・アントニオ教会。

2012Panama028

サン・ホセ教会。

2012Panama027

サン・ホセ教会内部。

2012Panama021

パナマ政庁舎。

2012Panama022

パナマ運河博物館。

2012Panama023

教会廃墟。

2012Panama038

国立劇場。

2012Panama039

国立劇場その2。

2012Panama036

宗教美術館。

2012Panama037

サン・フランシスコ教会。

2012Panama042

サン・フランシスコ教会その2。

2012Panama041

ボリバール広場。

2012Panama044

大統領官邸。

2012Panama016

カスコ・ビエホ。

2012Panama017

歴史地区という意味らしい。

2012Panama024

が、これまで訪れた国の歴史地区と雰囲気が異なる。

2012Panama025

ただの廃墟といった感じだ。

2012Panama026

美しくないし、治安が悪そうだ。

2012Panama029

なぜに世界遺産なのかが謎だ。

2012Panama031

表向きはきれいそうにしているが、住んでいる住人の雰囲気も悪い。2階以上が廃墟のよう。

2012Panama032

歴史地区から新市街を眺める。

2012Panama033

フランス広場周辺からパナマ運河方面を眺める。大型船が運河通過待ちをしている。

2012Panama034

フランス広場の建物。船のかたち。

2012Panama120

フランス広場。

2012Panama035

どの建物も相当古い。

2012Panama040

世界遺産だけど、住みたくない…。

2012Panama045

大統領官邸真横。大統領がかわいそう。

さらに、もう一つ世界遺産にも登録されているパナマ・ビエホにも訪れてみた。
魚市場の付近から、チキン・バスが頻発されており、容易にアクセスすることができる。

こちらは小規模遺跡といった雰囲気で、人も少なく、なかなか良い感じだった。

2012Panama127

パナマ・ビエホ。

2012Panama121

かつての大聖堂と鐘楼跡。

2012Panama139

鐘楼には登ることができる。

2012Panama126

かなり崩壊しているが、何となく面影がわかる。

2012Panama124

遺跡らしい遺跡だ。

2012Panama125

朽ちている部分が多い。

2012Panama128

鐘楼から見たかつての風景。

2012Panama129

現在。

2012Panama130

鐘楼から見たかつての風景その2。

2012Panama131

現在。

2012Panama132

鐘楼から見たかつての風景その3。

2012Panama133

現在。

2012Panama134

鐘楼から見たかつての風景その4。

2012Panama135

現在。

2012Panama136

中心部を眺める。

2012Panama137

反対側のエリアは現在開発中だ。

2012Panama140

入場料を払わなくても入れるエリアもある。

2012Panama141

女子修道院礼拝堂跡。

2012Panama142

女子修道院礼拝堂跡その2。

続いて、パナマといえば、パナマ運河ということで、ミラフローレスの水門にも訪れてみた。

有名なパナマ運河だが、実際見ると、ものすごいダイナミックなわけでもないし、大型船の大渋滞が起きているわけでもないし、そんな面白くもないかも。

ただ、運河を作っている工事の動画などはなかなかに楽しむことができた。
パナマ運河は、午後の方が大型船が行き来して面白いと聞いていたが、その日は14時に最終船が通過していった。
その後、入場した人はいったい…。

2012Panama048

パナマ運河のミラフローレス水門。

2012Panama058

これが水門だ。

2012Panama049

拡大。

2012Panama050

ちょうど大型船が通過するところだった。

2012Panama052

観覧席は大混雑。

2012Panama053

船が水門まで近づいてきた。

2012Panama054

水位が上がり、通過。

2012Panama057

そして去っていった。

2012Panama059

と、ここまでが相当ゆっくり行われる。

2012Panama060

仕組みはとてもシンプル。

2012Panama061

見ていても面白みがあるわけではないというのが本音。

2012Panama055

内部に博物館もある。

2012Panama056

現在、新たな水路を建設中らしい。

2012Panama066

帰り道、ワニ注意の看板。

2012Panama067

アマゾンで見逃したので、必死に探すも見つけられず…。

2012Panama068

関連施設だろうか。

パナマシティに到着した日が、パナマの、というか中南米中で同じ日程で行われていたのだけれど、カーニバルの最終日だった。

昼間だけ、少し会場に足を運んでみた。
警察が、荷物チェックなど厳重に行い、治安は良さそうだった。

一方、思っていたより規模は小さく、あまり長居する気にもなれなかった。

夜のほうが盛り上がるらしく、宿の人にも勧められたのだが、どうも気乗りがしない。
前日、空港泊でほとんど寝ていなく、寝たい気持ちもあるし、そもそもカーニバルというものに興味が持てない。

今回、リオのカーニバルの時期に南米に居り、多くの旅行者がリオに行くといっていたが、興味を持つことができなかった。
元来、どんちゃん騒ぎが好きでないようだ。

宿から会場までも、決して近くもないので、行かずに寝ることにした。

2012Panama011

カーニバル会場。

2012Panama069

ちょっとショボすぎる?

2012Panama070

露店は賑わっていた。

2012Panama071

カーニバル会場に入る際には、厳重な荷物チェックがある。

2012Panama072

ライブ。

パナマでは、エンベラ族の村に行きたかったので、いくつかの旅行会社をあたってみた。
が、到着日はカーニバル最終日のため、旅行会社のみならず、ほぼ全ての店が閉まっており、何も情報を得ることができなかった。

翌日、ホステルの受付においたあったパンフレットの旅行会社2社に電話してもらったのだが、どちらも最少催行人数の2人に満たないから、2人分払わないと催行できないとのことだ。

パナマだが、中米だけあって、南米と比べてツアー料金が格段に高い。
エンベラ族の村に訪れるツアーは、だいたい75ドルから80ドルのようで、2人分だとなんと150ドル以上かかるのである。
さすがに、わずか7時間程度のツアーにこんなに払えるわけがない。

しかし、行けないとなると、行きたくなる性分なので、町中の旅行会社も当たってみることにした。
しかし、カーニバル翌日のためか、開いていない代理店ばかりだ。

多くの高級ホテルとネットワークを持っているガンボア・ツアーは翌日ツアーを催行するようだが、110ドルらしい。

行けないとなると行きたくなる性分で、110ドルなら行きたい!と思ったのだが、ふと我に返って、冷静に考えてみた。

たしかに、150ドルに比べると110ドルでも安く思えるのだが、1日ツアーで1万円もかかるわけで、これではパタゴニアの氷河と変わらない。
ナスカの地上絵の遊覧飛行よりも高いわけで、そこまでするほど魅力的なエリアなのかと疑問を感じ始めた。
そしてなによりもパナマの物価に当てはめると、超高額な気がする。
要は、エンベラ族の写真を撮りたいがために観光村に行くわけだけれど、そう考えると1枚当たり何千円も払うような感じになるわけで…。
そもそも80ドルでも十分高いような…。

そんなこんなで悩んでいるだけで、2日目全てを無駄にはしたくないため、とりあえずポルトベーロに行き、その後、調べることにした。

ポルトベーロに行くも、道が混んでおり、帰ってきたのは17時頃だった。
すると、見事にどの旅行会社も閉まってしまっていた…。
開始時間はルーズなのに、終了時間はかっちり…さすが中米である。

通常、どの国も、実際のツアーを催行するのは何社かしかなく、旅行会社が窓口になっていて、当日はがっちゃんこで行くことが多いが、パナマは違うらしい。
それ故、人数が集まりにくいようなのだ。
訪れるのは断念することにした。

さて、パナマでは、ネットで探したホステルに宿泊しており、日本人に会うわけがないと思っていたのだが、ホステルでキョウヘイくんという日本人に出会った。

彼は、ピースボートに乗船中で、一時上陸中にパスポートを盗まれ、パスポート再発行などの手続きの間をしばらく1人で過ごし、パナマから再びピースボートに乗船するらしい。

旅に出る前は、正直ピースボートに全く興味がなかったが、南極船を経験して以来、クルーズにとても興味がある。

ピースボートは多くの寄港地によるが、一方でほとんどが昼間1日だけ滞在くらいしか上陸できず、そこは大いに残念だ。
ただ、船上アクティビティは日本語だし、ちょっと惹かれる面もある。

ただ、100日も乗らなきゃならないのは苦痛だなあ。
2週間くらいで十分に満足できると思うのだけれども…。