アラスカ:フェアバンクス ~犬ぞり~

マウント・オーロラ・フェアバンクス・クリークキャンプでは犬ぞりを行えると聞いていたのだが、現在は行われていないらしい。

その代わり、テキサス出身のロックンロール好きのアルバイトのおばちゃんが
「連れて行ってあげる」
ということで、無料で犬ぞり場まで連れて行ってくれた。

ロッジから犬ぞり場まではかなり距離があり、旅行会社にお願いした場合、送迎代だけで1人往復で90ドルくらいとられるのだが、おばちゃんはなんとサービスでいいとのことだ。
久々のお客でさらに年齢が自分の息子と同じらしく、とてもサービスしてくれる。

犬ぞり場に着くと、犬が40匹くらいでお出迎え。
どの犬もすさまじい勢いで泣き叫んでいる。

2011Alaska181

犬ぞり場の様子。

2011Alaska178

このテントがオフィスになっており、防寒着も貸してくれる。

2011Alaska202

犬はおよそ40匹。とてもフレンドリー。

2011Alaska179

近寄ると、皆走り回って歓迎してくれる。

2011Alaska201

犬は猫と違って健気。うちの猫なら逃げていくだろうに。

2011Alaska180

襲われてるわけではありません。。。

2011Alaska200

どの犬もじゃれついてくる。

早速防寒着に着替え、出発することにする。
犬8匹に引っ張られると、そりは予想以上に早く、自転車並みのスピードが出る。
犬は疲れ知らずで、自ら走りたくてしょうがないというように、マッシャーの方を振り返り、走り続ける。
結局、1時間ほぼ走り通しだった。
予想以上にスリリングで、景色のいい場所を走りぬけ、とても気分爽快であった。

乗っている途中に、写真を撮ろうと少しでも手袋をはずすと、手が痛くて我慢ができないほど寒い。
ちょうど同時期に、カナダからアラスカへ駆け抜ける犬ぞりレースのユーコン・クエストが開催されていたが、長期間のレースなだけにどれほど寒く、辛いものなのか。

2011Alaska182

走り出す前の犬はテンションMAX。

2011Alaska183

全部で8匹の犬が引っ張ってくれる。

2011Alaska184

はやく出発したくてうずうずしているよう。

2011Alaska185

樹氷を見つつ、雪原を駆け抜ける。

2011Alaska186

広い雪原を駆け抜ける。

2011Alaska187

森に突入。

2011Alaska188

森の中の一本道を駆け抜ける。

2011Alaska189

少し開けた場所を駆け抜ける。

2011Alaska190

曲がっていく様子が一番写真に撮りやすい。

2011Alaska191

もう一度雪原を駆け抜ける。

2011Alaska192

最後は雪のアーチをくぐり、終了。

2011Alaska193

疾走する犬と雪のアーチ。

犬ぞりを終えると、犬たちが大歓迎してくれる。
大声でほえて、繋がれている鎖をちぎらんばかりに向かってくるので、一瞬噛まれないかなと不安に感じたが、実際にはどの犬もとてもフレンドリー。
1匹をなでていると、次の犬が
「自分も」
とアピールしてくるので、結局何十匹もなでることに。

2011Alaska194

右側の犬の顔が真っ白な理由は↓

2011Alaska195

走り終えて暑く、顔を雪に突っ込んでいるため。

2011Alaska196

雪がなければ、りりしい顔。

2011Alaska197

犬ぞり後の風景。

2011Alaska198

犬小屋で休んでいる犬。

2011Alaska199

犬小屋で休んでいる犬たち。

 

こんな素晴らしい犬ぞり場を紹介してくれ、連れて行ってくれたロッジのおばちゃんにとても感謝。

コメント