ニカラグア:生活感や活気のあるレオン

レオンに移動してきた。

グラナダからミニバスを利用しマナグアへ行くと、同じバスターミナルからレオン行きのミニバスが出ているため、ロスなく移動することができる。

レオンは、グラナダに比べると、市場の規模などから現地の生活感を感じることができる。
また、人口も多いのか、活気に溢れている。

と言いつつも、本音を言えば、日記に何を書いていいか思いつかないくらい特に特徴のない町でもある。
これは、グラナダにも共通して言えることだ。

コスタリカのサン・ホセからマナグアへ一気に入り、翌日にホンジュラスのテグシガルパへ向かうというルートも検討したのだが、それではニカラグアに行ったことにならないかなと思い、有名な2都市を追加してみた。

ただ、訪れている現在はともかく、半年後に印象に残っているかと言えば、おそらくノーだと思う。

さて、保守的なグラナダと革新的なレオンとして対立した歴史があるらしいが、現在は特に違いを感じることはできなかった。

2012Nicaragua041

カテドラル。

2012Nicaragua043

カテドラルと中央公園。

  2012Nicaragua045

カテドラルと中央公園その2。

2012Nicaragua089

カテドラル内部。

2012Nicaragua092

夕暮れ時のカテドラル。

2012Nicaragua052

  サン・フランシスコ教会。

2012Nicaragua078

サン・ファン・バウティスタ教会。

     2012Nicaragua083

レコレクシオン教会。

2012Nicaragua087

メルセー教会。

2012Nicaragua049

ルベン・ダリオ像。

2012Nicaragua050

ルベン・ダリオ像周辺。

2012Nicaragua048

市庁舎。

2012Nicaragua076

バスターミナル周辺の市場。

2012Nicaragua077

バスターミナル周辺の市場その2。

2012Nicaragua097

セントロの市場。