ホンジュラス:コパン・ルイナス ~格安だが、大後悔の乗馬ツアー~

コパン遺跡の見学後、時間が余ってしまい、どうしようか考えていたところ、3時間の乗馬ツアーに15ドルで参加できるという。

これは格安ということで参加することにした。

内容は、特に説明もなく馬に乗り、川沿いを歩くというものだった。

指導なしで、いきなりの駆け足や早足と、ちょっとやりすぎ感のある内容だった。

個人的には、少し乗馬経験があったのでマシだったが、全くの未経験だったらどうしたのだろうか。

日本では高価な乗馬を長時間、さらに格安でできたので大満足と言いたいところだが、鞍がとても硬く、さらに日本であればそんなに一気にやることもないところを長時間やったため、凄まじい筋肉痛になってしまった。

さらに、鞍の硬さ故に、尻の皮が剥けて痛くて座ることができない。

日本であれば、少し我慢すれば良い程度だが、中米のチキンバスはかなり跳ねるので、今後、痛みに耐えられるか大いに疑問だ…。

一時の楽しみのために、今後数日苦しまなければならないとは。

しかし、乗馬を休憩なしで2時間以上すると、これほどまでに筋肉痛になるとは思わなかった。

まさに全身運動らしい。

さて、今回の乗馬で訪れた村だが、どうやら日本の援助が相当に成された場所らしい。

電気も日本によって通じるようになり、小学校も日本が建てたらしい。

また、JICAの支援で、織物の土産屋も作られていた。

村には、日本の小さな碑が一つあり、もちろん村人は日本に感謝しているようだった。

しかし、このような草の根活動が、ホンジュラス人全般の日本人に対するイメージにつながっているとは正直思いにくい。

歩いていれば、

「チーノ!チーノ!」

と言われるし、

「日本って中国の一部?」

と言われる始末だ。

日本は多くの国へ援助をしているが、やり方がうまいとは決して思えず、なんとも歯がゆい思いがある。

2012Honduras187

乗馬の途中で立ち寄ったロス・サポス。

2012Honduras188

カエル。

  2012Honduras190

カエルその2。

2012Honduras192

かなりわかりにくい。

2012Honduras193

遺跡全景。

    2012Honduras198

こんなのもあるらしい。

2012Honduras199

この岩らしいが、わからん…。

2012Honduras202

訪れた村。

2012Honduras203

村からの眺め。

2012Honduras208

JICAの支援した織物屋。

2012Honduras204

JICAのポスター。

2012Honduras206

織物屋内部。

2012Honduras207 

コパン遺跡を眺める。

2012Honduras209 

日本の援助を示す碑。

 2012Honduras211 

村の様子。

2012Honduras215 

乗せてくれた馬。