エルサルバドル:エルサル唯一の世界遺産ホヤ・デ・セレン

サン・サルバドルの西バスターミナルから、オピコ行きのバスに乗り、エルサルバドル唯一の世界遺産のホヤ・デ・セレンへ訪れることにした。

バスは、およそ1時間でホヤ・デ・セレンに到着した。

 2012ElSalvador014

オピコ行きのバス。頻発。

エルサルバドルの人は、今まで訪れた国の中でも、屈指の親切さで、皆でホヤ・デ・セレンの場所を教えてくれた。
また、西バスターミナルに訪れる際にも道を尋ねたのだが、なんとわざわざ連れて行ってくれた。

治安の悪い地域と思っていただけに、ギャップで尚のことうれしく感じる。

さて、このホヤ・デ・セレンだが、中米のポンペイとも言われ、640年の火山噴火により、1300年もの間、灰に埋もれていたマヤ住居跡の遺跡だ。

遺跡は、1976年のサイロ建設の際に偶然発見されたらしく、当時の生活を垣間見れる貴重な遺跡らしい。

一方、観光としてみる分には、規模はとても小さく、さらに発掘も進んでいないため、インパクトは少ないかもしれない。
ただ、他の遺跡とは異なった発掘途中の様子を見ることができ、それなりに興味深かった。

2012ElSalvador015

ホヤ・デ・セレン入り口。

2012ElSalvador040

併設の博物館などは立派だ。

2012ElSalvador016

博物館。

2012ElSalvador017

博物館内部。

2012ElSalvador039

世界遺産の碑。

2012ElSalvador038

博物館見学後に、遺跡のゲートの鍵を開けてもらう。

 2012ElSalvador019

ホヤ・デ・セレン遺跡。

2012ElSalvador020

ピラミッドなどが残っているわけではないが、これはこれで見ごたえがある。

2012ElSalvador021

このような保存形態の遺跡はなかなか少ない。

2012ElSalvador022

いずれ、他の遺跡のように発掘が進むのだろうか。

2012ElSalvador024

発掘が進んでいないためか、観光客も全くいない。

  2012ElSalvador025

遺跡はこのような建物の中にある。

  2012ElSalvador027

遺跡エリア内の庭園。

2012ElSalvador030

もう少し案内板が充実していれば良かったなとも感じたりも。

2012ElSalvador031

ホヤ・デ・セレン遺跡その2。

2012ElSalvador032

ホヤ・デ・セレン遺跡その3。

2012ElSalvador033

ホヤ・デ・セレン遺跡その4。

2012ElSalvador034

ホヤ・デ・セレン遺跡その5。

2012ElSalvador035

ホヤ・デ・セレン遺跡その6。

2012ElSalvador036

ホヤ・デ・セレン遺跡その7。

2012ElSalvador037

ホヤ・デ・セレン遺跡その8。