グアテマラ:閉鎖的な雰囲気のサンタ・マリア・デ・ヘスス

アグア火山の麓にあるサンタ・マリア・デ・ヘススでは、鮮やかなウイピルを見ることができるということで訪れてみた。

しかし、訪れた印象は、なぜわざわざガイドブックでこの村を紹介したのだろうということだ。

村の規模はかなり小さいし、何より人が異常に閉鎖的だ。

遠目から、チラチラこちらを伺ってくるだけで、決して近寄ってこないし、話しかけても逃げていくような感じである。

グアテマラに来てから、多くの少数民族の村を訪れているが、その多くでとても消化不良の気持ちになることが多い。
残念だ。

2012Guatemala293

この町で目立つのはあちこちにある公共洗濯場。

2012Guatemala294

教会もあるが、かなりボロボロ。

2012Guatemala295

洗濯用の水を汲む人々。

 2012Guatemala296

洗濯場以外は閑散としている。

2012Guatemala297

再び別の洗濯場。

2012Guatemala298

洗濯というより、しゃべっているだけ。

2012Guatemala300

洗濯場の様子。

2012Guatemala301

馬もちらほら見かけたが、何の仕事をしているのだろうか。

2012Guatemala302

メインの広場と教会。

2012Guatemala303

市が開かれていた。

2012Guatemala304

活気はそれなり。

  2012Guatemala306

市場。

  2012Guatemala308

洗濯用のポリバケツ。ほんと、洗濯している人ばかり。

  2012Guatemala310

洗濯場の様子。

2012Guatemala311

そんなにたくさん洗うものがあるのだろうか。

   2012Guatemala314

洗濯場以外は閑散としている町だった。