ベリーズ:程好い田舎さで居心地抜群のキー・カーカー

ベリーズ・シティから、高速船で1時間弱、キー・カーカーに移動してきた。

IMG_7311_R

ベリーズ・シティの船会社。

IMG_7310_R

荷物預かり可など、サービスも良い。

IMG_7313_R

高速船ターミナル。

IMG_7316_R

キー・カーカーへ向け、出発。

  IMG_7323_R

キー・カーカーの船着場。

キー・カーカーは想像以上にのどかな島だった。

島には、舗装道路はなく、旅行会社やレストランが点在こそしているものの、客引きの呼び込みもうるさくなく、のんびりするには最高の場所だ。

宿によっては、海を目の前に眺めつつ、ハンモックに揺られてと最高に贅沢な時間を過ごすこともできる。

キー・カーカーでは、未だにインターネットがあまり普及していないようなのだが、ミラマールというホテルは、安宿に関わらず、Wifiを無料で使うことができる。
値段も安く、海も目の前、お湯シャワーもじゃぶじゃぶ出ると、言うことなしの安宿だ。

IMG_7362_R

ミラマール・ホテル。ロケーション抜群だった。

キー・カーカーでは、シュノーケリング・ツアーに参加したり、ぶらぶら歩いたりとゆったりとした時間を過ごした。

全く期待していなかったベリーズだけれど、想像以上に素晴らしい。
海もこれ以上ないのでは?、と思うほどきれいだし、何日でも滞在できてしまいそうである。

唯一の不満点は、レストランの値段の高さと、食べ物の種類の少なさだろうか。
自炊をしようにも、自炊をしたほうがお金がかかってしまうのではないかと思うほど、あらゆるものの値段が高い。
なんと、ポテトチップが500円位するのである…。

とはいえ、ホテル代はメキシコのビーチ地区よりは安いくらいだし、海はきれいだし、素朴でのどかな村の快適さは最高だ。

 IMG_7327_R

船着場周辺の海。透明度高い。

IMG_7329_R

南国っぽい雰囲気。

IMG_7330_R

船着場の桟橋も素朴。

IMG_7331_R

良い雰囲気だ。

 IMG_7341_R

  キー・カーカーを散策。

   IMG_7794_R

メインロードにも舗装はされていない。

IMG_7796_R

東南アジアのリゾートに来たみたいだ。

IMG_7798_R

土産物屋も素朴。

IMG_7799_R

メインロードにはレストランや土産物屋が立ち並ぶ。

IMG_7803_R

警察。

 IMG_7808_R

車も少なく、散歩に最適。

IMG_7811_R

ダイビング・ショップもちらほらある。

IMG_7812_R

ゴルフカートが島内の足。狭いので必要ないけど。

IMG_7813_R

洒落たレストラン。

IMG_7814_R

墓地。

IMG_7815_R

旅行会社は多くあるが、内容はどこもほぼ同じ。

   IMG_7819_R

中国人経営の店が多い。品揃えも豊富。

IMG_7821_R

映画に出てきそうな光景。

  IMG_7824_R

エホバの証人。こんな島でも布教してるのね。

IMG_7825_R

ゴルフカートの修理屋。

IMG_7826_R

島唯一の銀行とATM。

IMG_7827_R

再び海岸沿いへ。

IMG_7828_R

良さげなレストランだけど、いまいちだった。

   IMG_7833_R

ここのダイビングショップはなかなかの規模。

IMG_7835_R

日光浴をする人々。

IMG_7838_R

のんびりした気分になれる島だ。

IMG_7840_R

シュノーケルツアーなどに参加していない人は、もっぱら寝るのみ。

IMG_7338_R

セブンイレブン発見。品揃え少なし。

IMG_7333_R

豚の丸焼き。

IMG_7335_R

拡大するとグロテスク…。

IMG_7350_R

最後は夕日。

コメント

  1. Web Master より:

    TEST。