チベット:ラサ ~ノルブリンカとネパールビザ、そして鍵の紛失…~

ラサでの観光名所で世界遺産にも指定されているノルブリンカに行くことにする。
ノルブリンカとは宝の庭という意味を表し、ダライ・ラマの夏の離宮と庭園だった場所でラサの観光のハイライトの一つだ。
ここは、他の見所に比べ少し町の離れにあるものの、狭いラサでは充分歩いていける距離にある。
期待して、高い入場料を払い入ってみるが、いまいち面白みを感じない。
歩いていても倒れた木などばかりが目につき、寂れた公園にしか思えず、情緒のかけらもない。
いくつかの離宮を見て周ったが、ポタラ宮を見た後では感動するほどのものは何もなかった。
かなり期待していただけにがっかりだ。
もし、時間がなくてラサ観光のどこかを省かなければならないのなら、間違いなくここをおすすめする。

2004TIbet231_R

ノルブリンカの入り口。


2004TIbet228_R

ダライ・ラマの離宮にふさわしいきれいな宮殿。

2004TIbet223_R

ダライ・ラマの玉座。

2004TIbet233_R

歴代のダライ・ラマの離宮が点在している。

2004TIbet222_R

宮殿によって、豪華さに大きな差がある。

2004TIbet224_R

ここもそれなりに豪華。

2004TIbet225_R

建物自体はいいのだが、公園は荒れ放題、ゴミだらけだった…。

2004TIbet226_R

湖に浮かぶ離宮。

2004TIbet227_R

小さめの離宮。

2004TIbet232_R

伝統的な方法で工事中。

ノルブリンカ見学の後、ネパールビザの取得に行く。
国境で取れるとのことだが、ガイドブックを見ると国境ではトラブルが起こることもあるとのことだった。
特に、忙しくもなく、ノルブリンカからすぐの場所だったので見学ついでに寄ってみたのだ。
ビザ自体は、さほど時間もかからず、手続きも簡単ですぐに発行された。

街をぶらついた後に宿に戻る。
が、鍵が見つからない。
どうやら落としてしまったらしい。
もしかしたらネパール大使館に落としたのかと思い、慌てて向かってみるも当然あるわけもない。
いくら罰金がとられるのかと、ヒヤヒヤしながらフロントに謝りに行く。
すると、よくあることらしく、文句の一つも言われず、一緒に鍵を作りに行くことになった。
マスターキーを持って、路上の鍵屋へ行くと、なんと1元(=15円)で作れてしまった。
慌ててタクシーを使ってネパール大使館まで行ったのに…。
罰金を取られなくてよかったけれど、考えようによっては15円で合鍵作れてしまうことがわかり、盗難には注意しなければと感じた
すっごく焦ったけど、良い思い出になったと良い方に考えることとしよう。

コメント