チベット:ネパールへの道 ~ラツェ→サキャ→シェーカル~

今日は、サキャを見学し、その後エベレスト・ベースキャンプの見学の拠点となる村まで一気に進む予定だ。

朝、シガツェを発ち、途中ラツェを経由して、昼頃サキャに到着した。
サキャでは、サキャ南寺の見学が目的だ。
残念ながら、サキャ北寺は文化大革命で破壊されており、廃墟になってしまっていた。
サキャ南寺に入ると、ちょうど問答修行が行われており、見学することができた。
サキャ南寺は、サキャ派の総本山であり、他のチベット寺院と異なる外観をしており、その他の寺院と違う様子を満喫することができた。

2004TIbet306_R

ラツェの街並み。

2004TIbet025_R

サキャ南寺。

2004TIbet020_R

サキャ南寺その2。

2004TIbet028_R

ちょうど問答修行をしていた。

2004TIbet018_R

サキャ南寺は至るところが工事中。

2004TIbet017_R

寺院での生活の様子。

2004TIbet023_R

問答修行の様子。

2004TIbet022_R

問答修行の様子その2。

2004TIbet027_R

問答修行の様子その3。

2004TIbet030_R

サキャ南寺の寺院。

2004TIbet026_R

サキャ南寺の寺院その2。

2004TIbet034_R

チベットの仏像は装飾が豪華。

2004TIbet032_R

仏像その2。

2004TIbet033_R

バター灯。

2004TIbet021_R

マニ車。

2004TIbet029_R

伝統的な工事法。

2004TIbet019_R

これで床慣らしをしているらしい。

2004TIbet016_R

サキャ北寺跡。

2004TIbet015_R

サキャ北寺跡その2。

2004TIbet014_R

サキャの街並み。

2004TIbet036_R

サキャでは多くの子供が遊んでいた。

2004TIbet038_R

チベットっぽい画になる子供。

2004TIbet039_R

チベットっぽい画になる子供その2。

2004TIbet040_R

チベットっぽい画になる子供その3。

2004TIbet041_R

チベットっぽい画になる子供その4。

 

サキャ南寺を出た後は、シェーカルへ向かう。
途中、5220mの峠ラクパ・ラを通過した際、ランクルを降り、しばし休憩する。
5220mということで、かなり寒いが、空気の薄さはそれほど感じない。
チベタンが集まってきて、金をくれと迫ってくるが、気分が良いため金を払いつつ一緒に写真を撮ったりしてしまった。
この峠からは、ヒマラヤの雄大な景色が見渡せ、最高の気分である。
ここからはチョモランマは見ることができないのだが、タルチョがはためいており、チベット、さらにはヒマラヤに来たと実感することができ、鳥肌が立つような風景だった。
とにかく素晴らしかった。

2004TIbet091_R

タルチョがはためく、ラクパ・ラ峠。

2004TIbet092_R

峠の石碑。

2004TIbet093_R

チベタンが集まってきた。

2004TIbet098_R

なぜか記念撮影。

2004TIbet094_R

民族衣装が青空に栄える。

 

シェーカルへ到着すると、宿の前でヒッチハイクをしている人たちがいた。
日本人も含め、6人くらいいただろうか。
もう数日間も車をつかまえることができていないらしい。
その中に、2人のロシア人の女性がいたのだが、
「私たちはロシア人で寒さに慣れてるから、今日は野宿をする」
とのことで、標高5000m越えで野宿をしていた
さすが、ロシア人…。
シェーカルまで来ると、食堂はないことはないのだが、値段が異常に高い。
ラサの5倍以上は軽くする。
ラサで買い込んできたカップラーメンで夕飯を済ませることにした。
が、それでは物足りず、ビールだけは現地調達をすることに。
標高が高いこともあり、酔いが廻るのが早い。
電気もなく、日の入りと共に眠る生活だが、この大自然の中では、それもまた心地よく感じる。

2004TIbet071_R

シェーカルの街並み。

2004TIbet077_R

ヒッチハイクをする人々。

2004TIbet076_R

彼らとは、カトマンズで再会することに。

2004TIbet073_R

シェーカル周辺の景色。

2004TIbet074_R

不思議な動物。ヤクの子供?

2004TIbet070_R

宿泊したホテル。

2004TIbet075_R

当然ながら電気もシャワーもない。

2004TIbet069_R

運よく虹が現れた。

コメント