ネパール:ダクシンカリ ~ヤギの生け贄~

カトマンズからバスで1時間半ほどの場所にダクシンカリというヒンドゥー教の女神カーリーを祭った寺院がある。
そこで、ヤギなどを週に2回生け贄に捧げるらしいということを聞き、見学をしにいくことにした。
ローカル・バスで向かったのだが、地元の人がヤギやら鶏やらを次々にバスに持ち込んできて、バスはすぐに超満員になってしまった。
動物の鳴き声でうるさいし、臭いし、さらには超満員できついバスの旅だ。
何でバスに動物を連れ込むのだろうと考えていると、どうやらそれらが生け贄だったらしい。
寺院に到着して、生け贄場に行ってみると、やはり先ほどバスに一緒に乗っていたヤギや鶏が生け贄にされている。
ここでは、一気に首を切り落とすのではなく、ナイフで少しずつ切り、血を搾り出し、カーリーに捧げるという方法であった。

先ほどまで一緒のバスに乗っていた動物が殺されるのを見ても気持ちが良いわけがないが、ヒンズー教の一端を垣間見ることができ、満足することができた。

 

2004Nepal067

ダクシンカリの寺院。

2004Nepal068

まさに首が切り取られる瞬間。

 

コメント