タイ:自転車で巡るスコータイ

アユタヤからバスで6時間ほどかけて、スコータイに到着した。
タイのバスは、座席間の幅も広くとにかく快適だ。
着いた当日は既に夕方だったので、翌日に遺跡群を鈴木さんと自転車を借りて巡ることとし、ゲストハウスにチェックインした後、町歩きをすることにした。
なんとなく予測していたけれど、ものすごい田舎であり、ナイトバザールも想像をはるかに超えて規模が小さかった。

翌朝、スコータイ遺跡まではソンテウで行き、そこで自転車を借りて観光をすることにする。
レンタサイクルは、20Bほどであったが、日本の自転車と比べてサドルが硬く少し乗りにくい。

まずは、城壁内のワット・マハータート、ワット・シー・サワイ、ワット・スラ・シー、ター・パー・デーン堂を巡った。
この中で、一番の見所は王室の寺院だったというワット・マハータートだが、写真を見て想像していたより小さかった。
ただ、考えてみれば大昔のものであるし当然なようにも感じる。
城壁内の最後に、ラームカムヘン大王記念碑を見に行くが、ここでは現地女子学生がお祈りをしており、この遺跡が日常的と深く結びついているものであると実感できた。
スコータイ遺跡は、見学客もとても少なく、ゆっくり見学するのにもってこいの場所である。

2004Thai061

スコータイで最も重要な寺院ワット・マハタート。

2004Thai071

ワット・マハタートその2。

2004Thai060

ワット・マハタートその3。

2004Thai072

ワット・マハタートその4。

2004Thai078

ワット・マハタートその5。

2004Thai062

ワット・マハタートその6。

2004Thai065

ワット・シー・サワイ。

2004Thai064

ワット・トラバン・グーン。

2004Thai063

ワット・スラ・シー。

2004Thai066

ター・パー・デーン堂。

2004Thai076

ラームカムヘン大王記念碑。

 

次に、城壁外を巡る。
ワット・プラ・バーイ・ルアンを見学した後、ワット・シー・チュムへ向かう。
個人的には、本堂の壁いっぱいにかなり大きな仏像か納められていたワット・シー・チュムがスコータイ遺跡の中で最も印象に残った。

2004Thai067

ワット・プラ・バーイ・ルアン。

2004Thai068

ワット・シー・チュム。

2004Thai069

ワット・シー・チュムその2。

2004Thai077

ワット・シー・チュムその3。

その後、しばらく、おそらく2km以上だったと思うが、自転車で走り、ワット・サパーン・ヒンへ向かう。
ここからは、高台の上にあり、スコータイ遺跡を見渡すことができる。

2004Thai079

ワット・サパーン・ヒン。

2004Thai070

ワット・サパーン・ヒンその2。

 

最後に、象が仏塔の土台を支えているワット・チャーン・ロムと、かつてスコータイで一番の最高傑作があったというワット・トラパン・トーン・ラーンを見学する。


2004Thai075

ワット・トラパン・トーン・ラーン。

2004Thai074

ワット・トラパン・トーン・ラーンその2。

かなりの距離を自転車で駆け回り、満足してスコータイの町へ戻ることにする。
2人で話しながら自転車で巡ったので楽しく巡ることができたが、1人で黙々と見学するのは厳しかったかもしれない。

夕方のバスでバンコクに戻ることにする。
バンコク着が深夜になってしまうので、どうしようか悩んだが、向かうことにする。
鈴木さんはチェンマイに向かうため、ここでお別れだ。

コメント