タイ:ダムヌン・サドゥアク水上マーケットで風情を体感

タイの観光名所の一つに水上マーケットがある。
その中でも1番有名な水上マーケットがダムヌン・サドゥアク水上マーケットである。
朝9時くらいまでが活気があるということだが、早朝にアクセスするには、交通の便が悪いということで一般的にはツアーに参加することになる。
せっかくなので、カオサンでツアーを探しているとなんと180バーツで催行している会社を発見した。
他の旅行会社と比較しても、破格に安い。
カンチャナブリーから戻ってきた鴨下さんと合流し、行くことにする。

価格が他の旅行会社よりかなり安かったので、内容はひどいものかと思ったがそんなことはない。
途中、土産物屋に1回連れて行かれたもののむしろ朝食をとることが出来て良かったくらいであり、その他は滞りなくスムーズにツアーは催行された。

水上マーケットに着いてからは自由行動になり、せっかくなので、ボートに乗ることにする。
ボートの上で、他のボートの物売りを相手に買い物をするわけだが、意外にボートのスピードが早く、値切り交渉する時間がない。
観光地化されていることと、値切る時間がないという悪条件が重なり、ウィークエンド・マーケットよりもかなり高い値段でしか買い物が出来なかった。
それにも関わらず、雰囲気に呑まれいくつかを購入してしまった…。
ボートを降りてからも、バンコクへ戻るまではまだ時間があったので歩いていると、南国の果物詰め合わせを発見。
買ってみるが、基本的においしくない。
やはり、スイカ&マンゴスチンだけで十分だった。
鴨下さんは結構何でも食べることが出来る人で、どんな果物も食べられるようだ。
カオサンではイモムシも食べていたので。
1個だけ貰おうと思ったが、カラッとして硬いのではなく、フニャフニャしていて気持ち悪すぎて食べることが出来なかった。

2004Thai091

ダムヌン・サドゥアク水上マーケット。

2004Thai092

大混雑のダムヌン・サドゥアク水上マーケット。

2004Thai093

急いで買わなければならないので、値切る時間がない。

2004Thai094

水上家屋の売店も。

水上マーケットを見学し終えて、バンコクへ戻る。
180バーツのツアーとは思えぬほど内容も充実しており、大満足だった。

バンコクへ戻った後、タイスキを食べに行くことにする。
チェーン店のMK(エムケー)には、以前1人で入ったことがあったのだが、まあ1人で鍋を食べるという時点でありえないのだけれど、味はそれほど感激するほどでもなかった。
今回は、ザ・インペリアル・クイーンズパーク・ホテルに入っているテラス・シャブシャブに行くことにする。
ここは飲み物は高いのだが、食べ物は1人500バーツ程度で食べ放題である。
カニや牡蠣はもちろん、デザートまである。
なによりタレの種類が豊富なのがうれしい。
店の構えが高級店のようなので、躊躇してしまったが、中は日本人ばかりだった。
ここは、すごくおすすめのレストランだ。
バックパッカーにはちょっと高いけれど、1回くらい奮発してもいいのではないだろうか。

鴨下さんは明日早朝に帰国するため、今日でお別れだ。
自分自身もあと数日。
満喫しなければ。

コメント