タイ:タイ経由ラオスへ

チベットへの旅以来、半年振りの待ちに待った旅立ちの日がやってきた。
今回はインドを中心に、東南アジアも少し巡る予定だ。

前回の旅で、バンコク発日本行往復航空券を手に入れていたため、まずはバンコクへ向かうことにする。
バンコクはアジアのハブ空港となっており、航空券の値段も日本に比べると格安である。
また、ストップオーバーが可能な航空券も多く、非常に使い勝手が良い。

タイへ到着すると、前回と同様に南国特有の湿った空気に体が包まれ、期待感が高まってくる。
エアポート・バスでカオサンへ向かい、そのままラオス行きのツーリストバスに乗るべく、旅行会社を回る。
運良く当日発のバスチケットを購入できたので、そのままバスへ乗り込む。
バスは、ノーンカーイ、ビエンチャン、バンビエン、ルアンプラバーン行きがあったが、まずはビエンチャンまで向かうことにする。

バスは夕方カオサン通りを出発し、翌早朝にノーンカーイに到着した。
レストランでしばし休憩した後、友好橋へ向かいビザを取得し、再度バスに乗り込み国境を越えた。

コメント