インド:タージマハルとアーグラー城

ニューデリー駅からアーグラー・カント駅まで列車でやってきた。
結局、予定よりも2時間近く遅れての到着となった。
インドの列車では遅れることが当たり前と言うから、こんなものなのだろう。

2005India132

アーグラーでは祭りに遭遇。

2005India134

太鼓を鳴らし、町を歩く。

2005India125

子どもたちが山車のようなものを作っていた。

2005India123

祭りに参加していた子ども。


2005India129

祭りに参加していた子どもその2。

2005India130

祭りに参加していた子どもその3。

2005India133

祭りに参加していた子どもその4。

2005India131

祭りに参加していた子どもその5。

2005India135

祭りに参加していた子どもその6。

2005India136

インドっぽい親子。

2005India127

アーグラーの夜景。

リキシャーで、タージ・マハル周辺まで移動し、あらかじめ泊まろうと決めていたシャンティ・ロッジにチェックインをする。
ここは、屋上からのタージ・マハルの眺めで有名なホテルだ。
ホテル自体は、決して汚くはないのだが、電気が異常に暗く、さほど快適ではなかったが、なるほど屋上からの眺めは絶景であった。

2005India117

シャンティ・ロッジから見たタージ・マハル。

2005India118

シャンティ・ロッジから見たタージ・マハルその2。

2005India114

シャンティ・ロッジから見たタージ・マハル(夕暮れ)。

2005India115

シャンティ・ロッジから見たタージ・マハル(夕暮れ)その2。

2005India113

シャンティ・ロッジから見たタージ・マハル(日没後)。

2005India112

シャンティ・ロッジから見たタージ・マハル(日没後)その2。

チェックインをした後、さっそくタージ・マハルを見に行くことにする。
タージ・マハルとは、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、王妃ムムターズ・マハルのために22年の歳月をかけて建造させたといわれている白大理石の墓のことである。
ペルシャやアラブ、果てはヨーロッパから2万人もの職人を集め、莫大な資産をつぎ込み、建設を行ったらしい。
晩年のシャー・ジャハーンは、息子によって幽閉されてしまい実現はならなかったが、自らの墓として、川の対岸に黒い大理石で黒タージを作り、大理石の橋をも建造し、二つのタージを結ぼうという計画もあったのだとか。

タージ・マハルだが、なんと入場料が日本円にしておよそ2000円というインドとしては破格の金額が必要だ。
これは外国人料金なのだが、外国人料金がインド人と比べて10倍以上の値段なのには驚いた。
発展途上国に行くと、外国人料金と言うものがしばしば存在する。
多少の金額の差であれば、良いと思うのだが、現地人との料金差が10倍以上となると、いまいち腑に落ちない。
と言っても、旅行者は絶対に訪れるわけで、足元見ている感がひどい。
日本も、外国人料金を作ってしまえば良いのに…。

入場料はさておき、厳格なセキュリティ検査を通過し、いよいよタージ・マハルとのご対面である。
さすがに美しく、左右対称のかたちがすばらしい。
世界で最も有名な遺跡のひとつというのも十分に納得できる素晴らしい廟であった。

2005India143

タージマハルの門。

2005India137

門もまた美しい。

2005India144

世界でも有数の人気遺跡のタージ・マハル。

2005India138

完璧に左右対称だ。鳥が邪魔…。

2005India139

タージ・マハル。

2005India106

タージ・マハルその2。

2005India140

タージ・マハルその3。

2005India104

タージ・マハルその4。

2005India105

タージ・マハルその5。

タージ・マハルの見学を終えて、アーグラー城を見に行くことにする。
ここもタージ・マハルと同じく、世界遺産にも登録されている。

タージ・マハルから、アーグラー城へは歩いて向かったのだが、歩いている間中、リキシャーの客引きがついてくる。
タージ・マハルからアーグラー城までは、1キロ程度あるのだが、けっきょくずっとついてきていた。
東南アジアでも客引きは多く、いつもならそれすら楽しめていたのだけれど、なぜかインドでは楽しむことができず、ただただかったるい。

インドを訪れた人は、
①インドは最高だった。ぜひ、もう一度行きたい。
と言う人と、
②インドはもう二度と行かない。
と言う人にはっきりと分かれるというが、今のところ後者になってしまいそうだ…。

アーグラー城は予想以上に規模も大きく、素晴らしかったのだが、観光以外の場所で精神的に疲れてしまったためか、何を見てもあまりテンションが上がらない。


2005India122

アーグラー城。

2005India158

場内への通用門。


2005India150

城壁内はかなり広い。

2005India146

城壁内の様子。

2005India152

城壁内の様子その2。

2005India151

城壁内の様子その3。

2005India153

城壁内の様子その4。

2005India154

城壁内の様子その5。

2005India155

城壁内の様子その6。

2005India157

城壁内の様子その7。

2005India145

城壁内の様子その8。

2005India119

アーグラー城からみたタージ・マハル。

2005India120

アーグラー城からみたタージ・マハルその2。

コメント