インド:ブッダの史跡サールナート

ヴァラナシからわずか10キロ足らずの場所に、釈迦が悟りを開いた後、初めて説法を説いたとされるサールナートがある。

仏教の四大聖地の一つで、鹿が多くいたことから鹿野苑とも呼ばれているらしい。

以前、手塚治虫のブッダで読んだ記憶があり、せっかくなので訪れてみた。
ダメーク・ストゥーパという立派なストゥーパが残っており、アショーカ王の石柱なども残っており、漫画の光景が蘇ってくる。

もちろんものすごい古い遺跡なので完全には残っていないが、訪れる価値はある遺跡の一つだと感じる。

2005India434

サルナートのストゥーパ。

2005India437

サルナートのストゥーパその2。

2005India438

サルナートの史跡全景。

2005India435

今は、土台くらいしか残っていない。

2005India431

アショーカ王の石柱。

2005India430

アショーカ王の石柱その2。

2005India433

ブッダの説法の様子。

2005India436

鹿野苑。

2005India432

写真を撮って欲しいと寄ってきた少女。

コメント