インド:心休まるコルカタ(カルカッタ)

ガヤの駅長に頼んでおいたシートのキャンセル待ちのチケットは、なんとかシートを振り分けてもらうことができていた。

コルカタ行きの列車は、ガヤ始発ではないため、いつ来るのかがはっきりとわからない。
時間通りに来る可能性もあるし、2時間以上遅れる可能性もあるのだ。

インドの列車では、到着時間が数時間遅れることは当たり前に関わらず、停車駅のアナウンスがなく、さらに駅名が書かれた案内板も各駅に1つ程度しかない。
最初の頃は、降りる駅がわからないのではないかと非常に不安だったが、だいぶ慣れてきてそれらの不安はなくなってきた。

今回、コルカタ駅行きの列車がいつ来るかはわからないが、さほど不安は感じなくなっている。
少しはインドに慣れてきたのだろうか。

コルカタ行きの列車を待っていると、
「日本人の方ですか?」
と、突然話しかけられた。
彼女は加奈子さんといい、どうやら同じ列車でコルカタへ向かう予定らしい。
どうやら大のインド好きで、何度もインドには訪れているらしい。

考えてみると、日本人と話すのは久しぶりである。
意外にも、インドで日本人に会う機会はほとんどなかった。

さて、たまたま会った加奈子さんだが、インドが大嫌いになりかけていたときに、インド大好きな彼女に会い、インドの楽しみ方をなんとなく教えてもらうことができた。
コルカタからバンコクへ移動しようかなという案も考え直し、結果的に当初の予定通りインド西部も巡ることができた。

コルカタヘの列車だが、予想通りガヤへの到着も、コルカタヘの到着も大幅に遅れたが、まあいつも通りといった感じ。

安宿街であるという、サダルストリートへ移動し、日本人宿として有名なホテル・パラゴンへ泊まることにした。
今まで日本人宿というものにあまり泊まったことがなくどんなものだろうと思っていたが、予想以上に居心地が良い。
誰とも関わりたくなければ関わらなくてもいいし、今日は1人で夕飯を食べたくないなと思えば誰かと行けば良い。
適度な人間関係が、妙に心地よい。

コルカタだが、ガイドブックを読むとさほど見どころはなく、当初はすぐに移動する予定だったが、とても居心地が良い。
サダルストリート近くには、大きな市場もあるし、映画館もたくさんあるし、カレーに飽きても安い中華料理屋もたくさんある。

2005India312

コルカタのハウラー駅。


2005India311

ハウラー駅近くから対岸へはフェリーで渡ることができる。

2005India306

ハウラー駅近くの遊び場。

コルカタで行ってみたかった場所は、ナコーダモスクとカーリー寺院だ。
地下鉄があるので、どちらも容易にアクセスすることができる。

まず、ナコーダモスクへ行ってみることにした。
ここを訪れたかった理由は、ガイドブックに載っていた写真がとても美しかったからなのだが、どうやら塗装をやり直したようで、緑色がメインのモスクになっていた。
何となく安っぽいイメージで、少しガッカりしてしまった。
ただ、モスク周辺は、インドの下町といった雰囲気の場所で、行ってみて損はなかったように思う。

2005India300

インドの下町。

2005India310

外国人はまったくいないが、インドらしく活気に溢れている。

2005India303

色がいまいちなナコーダモスク。

2005India309

皆フレンドリー。

次いで、カーリー寺院へ訪れた。
以前、ネパールで訪れたダクシンカリと同じく、カーリーへ生贄をささげるのだがダクシンカリとは異なり、斧で首を一刀両断していた。

2005India305

カーリー寺院。

2005India307

カーリー寺院その2。

2005India304

カーリー寺院その3。

コルカタでは、1日にいろいろな名所を訪れることはせず、だいぶ休息することができた。
次はバングラデシュに向かうことにする。

コメント