インド:ムンバイ観光とエレファンタ島

C.S.T駅の荷物預かり所にバックパックを預け、インド門方面へ歩いて向かってみることにする。

C.S.T駅を一歩外に出ると、駅の外観に驚いた。
C.S.T駅は、チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅というのだが、ここは駅自体が旧ヴィクトリア・ターミナス駅という歴史的な建造物らしい。
後に世界遺産にも登録されたようだ。

2005India414

荘厳な建造物チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅。

ムンバイは、デリーともコルカタともまったく異なり、インドにしては金持ちな雰囲気がただよっている。

歩いて20分ほどで、インド門に到着した。
インド門のすぐ近くには、世界有数の高級ホテルのタージ・マハル・ホテルもあり、なかなかに良い雰囲気だ。
北インドのようなしつこい客引きなども居らず、気持ちよく観光することができた。

2005India413

インド門。

2005India415

タージ・マハル・ホテル。

2005India416

インド門とタージ・マハル・ホテル。

インド門裏より、エレファンタ島行きの船が出ていたため、エレファンタ島にも行ってみることにした。
エレファンタ島は、アラビア海に浮かぶ島で、石窟群で知られている。
世界遺産にも登録されており、規模はさほど大きくなかったものの、なかなかに楽しむことができた。

2005India419

観光客も多いエレファンタ島。

2005India420

中の装飾も見事。

2005India421

エレファンタ島のレリーフ。

2005India422

エレファンタ島のレリーフその2。

2005India423

エレファンタ島のレリーフその3。

2005India427

いくつかの石窟がある。

2005India426

壊れ具合もまた味のうち。

2005India425

石窟の様子。

2005India418

エレファンタ島で一番の見所。

2005India428

エレファンタ島で一番の見所その2。

ムンバイでは、マクドナルドを発見し、久々にカレー以外のものを食べられるということで、喜んで入ってみた。
インドでは、マックは高級レストランのようなもので、ドアボーイまでいるのだ。
インドでは、牛を食べないため、フィレオ・フィッシュなどがメインなのだが、メニューを見ていると、「チキン・マハラジャ・バーガー」という魅力的な名前のハンバーガーを発見した。
こんな魅力的なハンバーガーを頼まないわけにはいかないと、早速注文したのだが、一口食べてみると、またもカレー味。
大失敗だった。
一方で、久々にケチャップの味を味わうこともでき、ケチャップがこんなにうまかったのかと、飲んでしまいたい衝動に駆られてしまった…。

コメント