インド:アウランガバードとエローラ

ムンバイから夜行列車を利用し、アウランガバードへやってきた。

当初、ムンバイで1泊することも考えていたのだが、ムンバイの異常な物価高に宿泊を断念した。
ムンバイでは、100人ドミでも200ルピーするというから驚きである。

南インドの列車は、北インドと比べて遅れにくいと聞いていたが、アウランガバード到着はほぼ予定通りと、この旅ではじめて時間通りに到着することができた。

アウランガバードでは、郊外に見所が点在しているため、MTDC(マハーラーシュトラ州観光開発公団)主催のインド人用観光バスに同乗することにした。

ツアーではまずダウラタバードを訪れた。
ここは、デカンの岩山をそっくり砦にしたものらしく、かなり迫力のあるたたずまいだった。
アウランガバードには、エローラとアジャンターに行くために訪れただけであり、ダウラタバードにはほとんど期待していなかったのだが、期待以上だった。
また、頂上からはデカン高原を一望することもできた。
ツアーだと、現地の人は疲れて途中で引き返してしまうことが多いので、時間だけ確認して急いで上ってしまうのがお勧め。

2005India001

ダウラタバード砦。


2005India007

ダウラタバード入り口付近。

2005India005

インドでは、象をモチーフにした絵が多い。

2005India002

ダウラタバード全景。

2005India008

ダウラタバードとデカン高原。

2005India009

頂上からはデカン高原が一望できる。


2005India004

ダウラタバードの塔。

アウランガバードを訪れた後は、エローラに移動した。
ムンバイのエレファンタ島の石窟もかなり良かったが、エローラとは比べ物にならないほどエローラは凄まじい。
エローラは、仏教石窟群とヒンドゥー石窟群、ジャイナ教石窟群に分かれているのだが、全て訪れることは珍しく、メジャーなもののみ観光することが多いらしい。

遺跡で一番の見所は、第16窟のカイラーサナータ寺院である。
完成までに1世紀以上を要したといわれる寺院だが、それも納得の圧巻の迫力だった。
カイラーサナータ寺院では、右側の小道を登ることで裏手に回ることができる。
寺院を上から見下ろすことができ、眺望も素晴らしかった。

今まで数多くの遺跡を見てきたが、石窟寺院などは見たことがなかったため、非常に楽しめた。
間違いなく、インドで一番驚いた遺跡である。


2005India162

エローラ遺跡群。

2005India160

エローラ遺跡群その2。

2005India163

エローラ遺跡群その3。

2005India164

エローラ遺跡群その4。

2005India165

エローラ遺跡群その5。

2005India167

エローラ遺跡群その6。

2005India168

エローラ遺跡群その7。

2005India169

エローラ遺跡群その8。

2005India170

エローラ遺跡群その9。

2005India171

エローラ遺跡群その10。

2005India173

エローラ遺跡群その11。

2005India174

エローラ遺跡群その12。

2005India175

エローラ遺跡群その13。

2005India176

エローラ遺跡群その14。

2005India178

エローラ遺跡群その15。

2005India179

エローラ遺跡群その16。

2005India183

エローラ遺跡群その17。

2005India184

エローラ遺跡群その18。

2005India185

エローラ遺跡群その19。

2005India186

エローラ遺跡群その20。

2005India187

エローラ遺跡群その21。

2005India188

エローラ遺跡群その22。

2005India189

エローラ遺跡群その23。


2005India191

エローラ遺跡群その24。

2005India192

エローラ遺跡群その25。

2005India193

エローラ遺跡群その26。

2005India194

エローラ遺跡群その27。


2005India196

エローラ遺跡群その28。

2005India197

エローラ遺跡群その29。

2005India199

エローラ遺跡群その30。

2005India200

エローラ遺跡群その31。

2005India201

エローラ遺跡群その32。

2005India202

エローラ遺跡群その33。

2005India203

エローラ遺跡群その34。

2005India204

エローラ遺跡群その35。

2005India205

エローラ遺跡群その36。

2005India210

エローラ遺跡群その37。

2005India211

エローラ遺跡群その38。

2005India212

エローラ遺跡群その39。

2005India213

エローラ遺跡群その40。

2005India214

エローラ遺跡群その41。

2005India215

エローラ遺跡群その42。

2005India198

エローラ遺跡群その43。

2005India206

カイラーサナータ寺院。

2005India207
カイラーサナータ寺院その2。

2005India180

カイラーサナータ寺院その3。

2005India172

カイラーサナータ寺院その4。

2005India166
カイラーサナータ寺院その5。

エローラの観光を追え、ツアーバスはアウランガバードの中心部に向かい、タージ・マハルをモデルにしたというビービー・カ・マクバラーに立ち寄った。
タージ・マハルには遠く及ばないものに、意外にもなかなかの外観だった。
ただ、それはあくまでも遠くから見た場合のことで、近くまで寄るとまるで安宿のような壁…。
入場料が高いので、外から見るだけで充分かもしれない。

2005India011

遠目から見ると、とても美しいビービー・カ・マクバラー。

次いで、スラングセーブ帝の師が眠るパーンチャッキーを訪れ、ツアーは解散となった。

予想以上に濃い内容のツアーで満足することができた。
街の雰囲気などを見ても、南部の街は、北部に比べはるかに落ち着きがあるように感じる。

コメント