インド:デリーの名所巡り

ボパールから列車に乗り、デリーに戻ってきた。

前回デリーに立ち寄った際には、名所の観光はまったく行わなかったため、今回観光をすることにした。

まず、ラール・キラー、通称レッド・フォートを訪れることにした。
ここは、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、アーグラーからデリーに遷都した際、中心的役割を担った砦らしい。
現在でもかなり大きな敷地を誇り、見所も多くあるのだが、現在残っているのは破壊されなかった宮殿のごく一部のみで、かつてはさらに大きな砦だったらしい。
タージ・マハルなど、ムガル帝国の勢いが以下に凄まじかったかを感じることができた。


2005India406

ラール・キラー。

2005India407

ラール・キラーその2。

2005India408

ラール・キラー入場門。

2005India411

城内は大混雑。

2005India403

ラール・キラー内部。

2005India401

ラール・キラー内部その2。

2005India402

ラール・キラー内部その3。

2005India409

ラール・キラー内部その4。

2005India404

ラール・キラー内部その5。

2005India410

ラール・キラー内部その6。

次いで、比較的近くに位置するジャマー・マスジットに立ち寄ってみた。
ここは、デリーのモスクの中心的役割を担っており、インド最大規模のモスクなのだとか。規模はもちろん見栄えも素晴らしかった。

2005India393

ジャマー・マスジット。

2005India392

お祈りする人々。

さらに世界遺産にも登録されているクトゥブ・ミーナールに行ってみることにした。
ここは、少し郊外にあるため、バスで訪れる必要がある。
ここは高さ70メートルもある塔が最大の見所なのだが、これはかつて勝利を記念して建てられたものらしい。
あまり期待していなかったのだが、予想以上に見栄えのする塔で、遠出した価値があった。

2005India388

クトゥブ・ミーナール全景。

2005India387

クトゥブ・ミーナール。

2005India390

クトゥブ・ミーナールその2。

2005India389

クトゥブ・ミーナールその3。

2005India391

クトゥブ・ミーナールその4。

もう一つデリーで世界遺産に登録されているフマユーン廟にも訪れた。
ここはまさにミニ・タージ・マハルのような外観なのだが、実はこちらの建造のほうが早く、タージ・マハルに影響を与えた廟らしい。
なるほど、納得に値する美しい廟だった。

2005India399

フマユーン廟。

2005India397

フマユーン廟その2。


2005India395

廟内の棺。

2005India396

廟内の棺その2。

これら有名な見所のほかに、デリーでもう一つ行ってみたい場所があった。
インドといえば、「独立の父」マハトマ・ガンジー(ガンディー)ということで、ガンジーゆかりの場所をどこか一つ訪れたいと考えていたのだ。
調べてみると、ガンジー暗殺の地がガンジー記念博物館として残されているということで、訪れてみた。
博物館には、ガンジーが民衆に語りかけていたというイスや凶弾に倒れた場所などが残されており、観光客こそ少なかったものの、インド人が多くお参りに訪れていた。

2005India380

ガンジー記念博物館。

2005India378

ガンジーが人々と対話していた広場。

2005India377

ガンジーが人々との対話時に使用していた椅子。

2005India375

暗殺直前に歩いた道。

2005India376

暗殺の地。

2005India379

今もインド人のお参りが絶えない。

2005India384

ガンジー像。

デリーでは多くの名所を訪れたが、なんだかんだとメイン・バザール周辺の光景が一番印象に残った。
牛が歩く中、多くの出店が出て、さらに土産物屋や旅行会社も豊富であり、イメージしていたインドらしいインドを感じることができた。

2005India381

ニューデリー駅。

2005India382

メイン・バザール。

2005India383

早朝のメイン・バザールの様子。


2005India385

オールド・デリー周辺。

メイン・バザールでは、アウランガバードで会った米田さんや、ジャルガオンで会った熊谷くんと日比谷くんにも再会することができた。
ちょっと雰囲気は違うが、ミニ・カオサンロードみたいなものだろうか。
ただ、個人的にはコルカタの方が好き。

コメント