インド:シーク教徒の総本山アムリトサルの黄金寺院へ

日本では、インド人と言うと、頭にターバンを巻いた人を思い浮かべる人が多いが、彼らはシーク(スィク)教徒である。

インドとパキスタンの国境に面したアムリトサルには、シーク教徒の総本山黄金寺院がある。
当初、パキスタンにも入国する予定だったが、政情不安定であり、デリーでビザが発給されなかったため、アムリトサルのみ訪れてみることにした。

アムリトサルへは、デリーから列車でおよそ6時間で到着した。
すでに列車での移動にも慣れているため、ほとんど疲れを感じることもなくなった。

シーク教徒は、インドの宗教の中でも、比較的裕福な人が多いらしく、非常に寛大な考え方を持っている。
黄金寺院では、シーク教徒でなくとも、無料で宿泊(だいぶ汚いが…)、さらに無料で食事(チャパティとダルカレー。正直、二度は食べたくない味…)までもらえるのである。
質はどうあれ、気持ちがいいほど、太っ腹である。

さて、肝心の寺院であるが、これまた驚くほどにきらびやかで美しい。
昼間、夕方、夜とそれぞれの時間帯で圧巻の景観を見ることができる。
ここを訪れるならば、アムリトサルに宿泊して、是非、夕方や夜にも訪れてほしい。

2005India094

シーク教徒の総本山黄金寺院。

2005India084

黄金に光り輝いている。

2005India083
黄金寺院正面。

2005India089

黄金寺院中央部には歩いてわたることができる。

2005India088

ここでは、外国人も立ち入り可能。

2005India087

黄金寺院中心部。

2005India086

廟がいくつもある。

2005India091

シーク教徒の代名詞はターバン。

2005India093

頭を覆わないと寺院内に入ることができない。

2005India096

シーク教徒は、比較的お金持ちな人が多いらしい。

2005India097

ここで無料で食事をもらうことができる。

2005India095

夕暮れ時の黄金寺院。

2005India100

常に多くの人で賑わっている。

2005India099

カメラに興味を示してきた少女。

2005India090

夕暮れ時は、さらに美しい。

2005India082

日の入直後。

2005India092

夜間も、巡礼者は絶えない。

2005India101

朝・夕・晩といずれもで美しい景色を堪能できる。

コメント