ベトナム:DMZ(非武装)地帯

DMZとは、Demilitaraized Zoneの略称で、ベトナム戦争時に、17度線近くを流れるベンハイ川沿いに、幅およそ10kmに渡り設定された非武装地帯のことである。

この非武装地帯を境に、南北ベトナムの激しい争いが繰り広げられ、現在では、このベトナム戦争の激戦地を巡るツアーが催行されている。

ツアーでは、ベンハイ川にかかるダクロン橋を訪れた。
ここは、北ベトナムゲリラの南ベトナムへの補給路橋で、かつてホーチミンルートと呼ばれていたらしい。
今となっては、きれいに修復されており、激戦の様子を感じることはなかった。

2005Vietnam280

ダクロン橋。

2005Vietnam279

ダクロン橋その2。

2005Vietnam286

ダクロン橋周辺のモニュメント。

次いで、ヴィンモックトンネルを訪れた。
トンネル内は、予想以上に広く、産室まであり、驚いてしまった。

2005Vietnam315

トンネル入り口。

2005Vietnam278

トンネル内部。

2005Vietnam306

内部は意外に広い。

ドン・ハの街で昼食をとった後、ベンハイ川博物館を見学し、さらに最大の激戦地の一つで、米軍の見張り小屋があったというロックパイルを車窓から見学した。

2005Vietnam140

博物館では、兵器が無造作に展示されていた。

2005Vietnam138

墜落した飛行機。

2005Vietnam139

映画に出てきそうな輸送用ヘリコプター。

2005Vietnam141

マシンガンも。

2005Vietnam142

さらには、ヘリコプターも展示されていた。

2005Vietnam312

爆弾の展示。


2005Vietnam305

ロックパイル。

この後、米軍が重要拠点として死守しようとしていたが、最終的には、解放軍側のテト(旧正月)攻勢により撤退を余儀なくされ、解放軍側への接収を拒むため、米軍自ら徹底的に破壊したというケサン基地跡にも行く予定だったのだが、大雨のためキャンセルとなってしまった

最後は、ラオス国境に近い少数民族の村を訪れた。
少数民族といえど、特徴的な服を着ているわけでもなく、ただの田舎の村だった。

2005Vietnam135

少数民族の村。

2005Vietnam133

この辺の村は高床式。

2005Vietnam132

いい雰囲気を持った少年。

2005Vietnam134

意外にも、ピアスなんてしている…。

2005Vietnam136

大雨もお構いなし。

おそらく盛りだくさんのツアーなのだったのだが、如何せんベトナム戦争の知識が少なすぎ、英語も難しく、ほとんど理解することができなかった。
そもそもベトコンって何くらいのレベルなだけに、無駄な時間を過ごしてしまった気がする。
やはり、無知はだめだなと実感し、下調べしておけばよかったと後悔している。

コメント