タイ:一気に南下し、プーケットへ

チェンマイやメーホンソンなどタイ北部を巡ったあとは、一気に南下して、ビーチ巡りをすることにした。

まず、メーホンソンからバンコクまで夜行バスでおよそ14時間かけ移動し、さらにバンコクからは、ツーリスト専用夜行バスで、プーケットまで移動した。
タイのバスは、ゆったりしており、さほど苦痛ではなかったが、冷暖房の調節が極端なのは少し辛かった。

プーケットでは、プーケット・タウンの安安旅社(オンオン)に泊まることにした。
ビーチ周辺は高めの宿しかないということもあったが、ここはザ・ビーチのロケ地であり、ディカプリオも訪れた宿なのだ。
映画の中では、カオサンの安宿として描かれていたが、舞台はの安安旅社で、ディカプリオが、薬中の男に、地図をもらった部屋にも宿泊できる。
残念ながら、ちょうど部屋は使われており、泊まることはできなかったが、映画に出てきた廊下などなかなかに感慨深かった。
従業員にとっても、自慢らしく、尋ねると写真など見せてくれた。
さて、こんなの安安旅社だが、やはり設備はそれなりで、ゴキブリなども普通に歩いている。
汚いのが苦手な人は、避けたほうが無難だろう。

2005Thai374

プーケット・タウン中心部にある安安旅社。

2005Thai378

外観がレトロ。

2005Thai376

映画にも出てきた廊下。


2005Thai379

部屋の雰囲気。清潔感はある。

2005Thai371

映画を見た人にはおなじみの仕切り。

プーケットでは、一番有名なパトン・ビーチを訪れた。
にぎやかだで、周辺には外国人向けのシーフードレストラン、高級ホテルもずらりと並んでおり、いかにもリゾートという感じだったが、肝心の海は全然きれいではなく、あまり興味は持てず。
早々に、ピピ島に移動することにしようと思う。

2005Thai381

プーケットで一番賑わっているパトン・ビーチ。


2005Thai386

海のきれいさは江ノ島レベル。


2005Thai389

マリンスポーツは盛んなようだった。

2005Thai398

いかにもリゾートの雰囲気のプーケット。

2005Thai397

シーフードレストランも多い。

2005Thai399

一方、庶民的な屋台もある。


2005Thai404

夕日で町が赤く染まった。


コメント