インドネシア:インドネシア入国とジャカルタ漁港

クアラルンプールからエア・アジアを利用し、ジャカルタへやってきた。
格安航空会社エア・アジアだが、とにかく安い。
わずか3000円程度でマレーシアからインドネシアへ移動できるのだから大満足である。
そして、意外にも時間にも正確で、めったに遅れもしないのだ。
大躍進の理由がわかるような気がする。

いつもは空港からバスで安宿街へ移動するところだが、今回はちょっと事情が違う。
高校の同級生の父親が、インドネシアで働いており、迎えに来てもらえることになったのだ。

日本の援助によって建設が続けられてきたジャカルタ漁港。
インドネシアでは最大の漁港らしく、しばしばテレビなどでも紹介されている。
高校の同級生の父親が、まさにここをイチから作った人であり、見学させてもらえる機会を作ってもらうことができた。
設備や環境面の配慮など興味深い点は多かったのだが、何よりも日本人が海外で活躍している様を間近に見ることができたのが一番印象深かった。
副大統領まで訪れるようなプロジェクトであり、海外勤務というのも自分の選択肢に加わったような気がする。

2005Indonesia143

ジャカルタ漁港。

2005Indonesia318

漁港には大小さまざまな船が置かれている。

2005Indonesia319

漁港の様子その1。

2005Indonesia320

漁港の様子その2。

2005Indonesia321

漁港の様子その3。

2005Indonesia322

灯台。

2005Indonesia324

高台から漁港を見下ろす。


2005Indonesia323

工場内では作業が行われていた。


2005Indonesia333

修理中(?)の船も。

2005Indonesia334

ジャカルタ漁港周辺は遊歩道が整備されていた。

コメント