インドネシア:東ジャワ随一の景勝地ブロモ山

ジョグジャからバリ島へ移動する途中に、東ジャワ随一の景勝地というブロモ山に寄ってみることにした。

ブロモ山では、早朝プナンジャカン山というブロモ山のビューポイントへ移動し、ブロモ山の日の出を眺め、その後、ブロモ山へ行き、火口まで近づくというのが、一般的な見学の流れのようだった。

移動手段は、ホテルなどでアレンジしてもらえるのだが、ブロモ山はとにかく寒い。
ホテルで、ダウンジャケットレンタルをしてくれるのだが、これがまた足元をみた値段で驚きの高額である。
ダウンジャケットレンタルが、ほとんどホテル代と変わらないのだから驚きである。
あまりの高額さに、イラっとし、結局レンタルはせず。
早朝、周囲も暗かったので、ホテルの毛布を勝手に持ち出し、包まって日の出を見学した。
同じ考えの人が、意外にいるようで、何人も毛布に包まっていたのは面白かった。

ブロモ山は、東ジャワ随一の景勝地といわれるだけあって、まさに絶景だった。
ただ、火口に近づく際には、なにかハンカチなどを持っていないと、のども鼻もありえないくらい痛くなり、さらに涙がとめどなく出てくるので注意が必要だ。

 

2005Indonesia219

夜明けのブロモ山。


2005Indonesia222

まさに絶景と言う言葉がふさわしい光景。

2005Indonesia223

車をチャーターして見学をする。

2005Indonesia224

ブロモ山に近づくこともできる。

2005Indonesia225

辺りには硫黄の臭いが立ち込めている。

2005Indonesia231

ブロモ山周辺の山。

2005Indonesia232

ブロモ山からの眺望。

2005Indonesia228

火口。

2005Indonesia226

ちょっとした臨時の売店。


2005Indonesia234

ブロモ山全景。

2005Indonesia001

この周辺は服装が他の地域と異なる。


2005Indonesia009

ブロモ山にいた少女。

 

コメント