バヌアツ:世界で一番幸福度が高いバヌアツへ

オーストラリアはどこを観光しても、いまいちおもしろくなく、気分一転バヌアツを訪れることに決めた。

ちょうど格安航空会社のパシフィック・ブルーがキャンペーンをやっており、比較的安く航空券を入手することができた。

飛行機の中で、たまたま隣に座ったバヌアツ人が、なんと日本に来ていたことがあるとかで、日本語で話しかけてきた。
家族が空港まで迎えに来てくれているから、首都であるポートビラまで、送ってあげるとのことだ。
旅行をしていると、このような親切をそのままありがたく受け入れるか大いに悩むことがある。
もちろん親切な人も多いのだが、親切そうにみせてなにかしら詐欺行為を働こうとしてくる人も多いからだ。
考えたが、バヌアツの空港から市内へのアクセスは困難そうだし、今回はポートビラまで送ってもらうことにした。
結果的に、とても親切な人で、とてもありがたかった。

2006Vanuatu088

空港をでると、お出迎えの音楽。

ポートビラについて、宿にチェックインした後、市内を歩いてみることにした。

この国は町中を歩いているだけでおもしろい。
市場、海岸、スーパーマーケットとあらゆる場所で日本とは違う文化を感じることが出来る。
治安もとてもよく、危険な様子など微塵も感じられない。
ただ、日が沈む頃には多くの店が閉まってしまうので、その点は注意が必要そうだ。
一方、朝は6時くらいから多くの店が開いているようだった。

2006Vanuatu081

市場。ここがポート・ビラ最大の見どころ。


2006Vanuatu109

いつも多くの人で賑わっている。

2006Vanuatu049

南国ならではの果物で溢れている。


2006Vanuatu052

意外にもみかんがなかなか甘かった。

2006Vanuatu058

野菜の種類は豊富。



2006Vanuatu105

市場全景。

2006Vanuatu106

スーパーもあるが、市場の賑わいが断然だ。

2006Vanuatu111

市場は憩いの場らしい。

2006Vanuatu053

市場の入り口。2006Vanuatu073

大量に購入し、トラックに積み込む人。

2006Vanuatu103

時には、バス代わりにも。

2006Vanuatu057

市場に訪れていた親子。

2006Vanuatu050

バヌアツは平和な雰囲気で溢れている。

2006Vanuatu071

いかにもポリネシアっぽい子。

2006Vanuatu075

写真をまったく嫌がらず、むしろ好奇心旺盛な子どもが多い。

2006Vanuatu104

魚をさばき中。

2006Vanuatu108

たそがれ少年。

2006Vanuatu112

みんな、フレンドリー。

2006Vanuatu110

服装がカラフル。

2006Vanuatu055

海岸沿いには観光客向けの店も多い。

2006Vanuatu047

物価が高いのだけが少し残念。

2006Vanuatu046

現地の人の交通手段のボート。

2006Vanuatu054

地元で流行っている鉄球転がし。


2006Vanuatu107

泳ぐ犬。

2006Vanuatu051

海もとてもきれい。


2006Vanuatu059

バヌアツの夕日。

2006Vanuatu063

夕暮れ時。

イギリスの団体が「世界で一番幸福度が高い国バヌアツ」と発表したようだがそれも納得できる幸せな雰囲気が溢れた町だった。
誰もが楽しそうに生活しており、町中に笑顔が溢れていた。
市場や、スーパーなどで商売が行われているといっても、まるで全てが学園祭のような雰囲気で、みんな楽しんでいるのだ。

夜になり、南太平洋の伝統的な飲み物「カバ」を飲みに行くことにした。
バヌアツでは、夜間には、カバ・バーが開かれ、自由に飲むことができる。

2006Vanuatu113

昼間のカバ・バー。

2006Vanuatu114

夕方になると賑わってくる。

2006Vanuatu070

植物の根をかじっているような味のカバ。

このカバだが、南太平洋諸島原産のコショウ科の木の根を砕き、それに水を加えて濾した飲み物で、一種の麻薬作用のある飲み物らしい。
作り方からして、何となく想像できると思うが、見た目は泥水そのもので味は苦く、正直おいしくない。
バヌアツでは、カバには鎮静作用がありリラックス効果が期待できるとされ、日本で言うアルコール感覚で飲まれているようだ。

バヌアツは、これと言う目玉があるわけでないが、人々の雰囲気など、歩いているだけで楽しめる。
次は、バヌアツ観光のハイライトとも言えるタンナ島へ向かおうと思う。

【宿情報】
安宿は少なめ。新しい地球の歩き方にはまったく掲載されなくなっているが、数年前のものには掲載されているのでそれを参考にしても良いかも。
・AHTONG MOTEL(アートン・モーテル)
昔の地球の歩き方には掲載されていたらしい。場所はメインロード(海沿い)から海と反対方向に少し歩き、階段を登りきった場所にある。現在はホテルとしてではなく、現地在住の人のアパートのような施設として使われているみたいだが宿泊もできる。テレビ、冷蔵庫、キッチン、お湯シャワーがついて1泊3000VTくらい。交渉次第で値段は上がりも下がりもすると思う。毎日部屋をきれいにしてくれるし、使った食器も洗ってくれる。オーナーの中国人もスタッフもとても陽気でいい人。快適に過ごすことができた。宿の横にはテイク・アウェイのレストランもあり便利。
・Villa hibiscus motel(ヴィラ・ハイビスカス・モーテル)
おそらくここがポート・ヴィラで一番安い宿。ドミトリー形式。町中から結構離れているので(15分くらい)アクセスは不便。場所はというと、中心街より空港よりの丘を登った場所。かなりわかりにくいので人に聞くと良い。ここも中国系の人が経営しているのだけれどいまいちだった。ドミで2000~2500VTとシングルと値段もあまり変らない。オーナーもアートン・モーテルに比べると全然感じが良くない。立地などから考えてもアートン・モーテルの方がおすすめ。

コメント