オーストラリア:30時間のバス移動を経てケアンズへ

ゴールドコーストからブリスベンを経て、およそ30時間のバスの移動で、一気にケアンズへやってきた。
グレイハウンドのオフィスでは、
「辛すぎるから、やめたほうがいい」
と止められたが、幸いバスはがらがらで、横になったりもでき、さほど苦痛は感じなかった。

ケアンズは、グレートバリアリーフの玄関口となる町で、日本人にも人気ということで、大都市を想像していたのだが、予想以上にこじんまりしていた。
町歩きは、半日もあれば十分で、特に大きな見所もなく、ただ海岸沿いでゆったりするくらいしかやることがない。

2006Austraria301

ケアンズ・セントラル。

2006Austraria353

ケアンズの港。さすがにヨットなどが多い。


2006Austraria354
ケアンズのビーチは泳ぐには適さない。

2006Austraria342

プロムナード。くつろぐ人が多い。

2006Austraria349

プロムナードに隣接した芝生エリア。

2006Austraria346

噴水では、家族連れが遊んでいた。

2006Austraria347

宿泊していたケアンズ・インターナショナル・ホステル。

2006Austraria348

ケアンズのナイト・マーケット。


2006Austraria351

どこにでもあるウール・ワース。(スーパーマーケット)

オーストラリアに来たのだから、せっかくだからアボリジニーを見てみようと、ジャプカイ・アボリジニ文化パーク(ジャプカイ・アボリジナル・カルチュラルパーク)に行ってみることにした。
ジャプカイ・アボリジニ文化パークは、アボリジニーの文化を体験できることを売りにしている村だ。
昔から、伝統芸能や文化は大好きで、行く先々でなるべく伝統芸能などは見ており、すごく期待して行ったのだががっかりしてしまった。
入場料はものすごく高いにもかかわらず、あまりにも内容が薄すぎる。
コロボリーなどのダンスもこんなものかといったものだし、その他のブーメラン投げなどの体験アクティビティも残念な内容だった。
唯一、最後に行われたシアターがそこそこだったような。
土産も驚くほど値段が高く儲け主義に走りすぎなような気がした。


2006Austraria310

ジャプカイのアボリジニのパフォーマンス。

2006Austraria311

伝統楽器の演奏。

2006Austraria313

伝統楽器の演奏その2。

2006Austraria315

伝統楽器の演奏その3。

2006Austraria316

伝統楽器の演奏その4。

2006Austraria317

伝統楽器の演奏その5。


2006Austraria321

伝統楽器の演奏その6。

2006Austraria319

伝統的なパフォーマンス。

2006Austraria314

伝統的なパフォーマンスその2。

2006Austraria320

伝統的なパフォーマンスその3。

2006Austraria322

伝統的なパフォーマンスその4。

2006Austraria323

伝統的なパフォーマンスその5。

2006Austraria338

アボリジニの女性。

ジャプカイ・アボリジニ文化パークの裏は、世界最古の熱帯雨林のクランダ(キュランダ)への入り口となるスカイレールの駅になっている。
今回は訪れなかったが、ジャプカイ・アボリジニ文化パークとクランダの両方に行くツアーも催行されているようだった。


2006Austraria337

スカイレールとクランダ。

コメント