ブルネイ:ムアラからバンダル・スリ・ブガワンへ

コタ・キナバルから、ラブアン島経由で、ムアラへやってきた。

ブルネイへの入国をスムーズに終えると、バンダル・スリ・ブガワン行きのバスがちょうど来ており、待ち時間もなく移動することができた。
バスは、BND2で、30分おきに頻発しているとの話だった。

ムアラの港には、両替所という看板はあったが、誰も利用しておらず、常に開いているかは確認できず。
マレーシアからブルネイに行く場合はコタキナバルのショッピングセンター内の両替所で両替ができるため、小額は念のため準備しておいたほうが無難と思われる。

2006Brunei040

高速船がムアラ港に到着。

2006Brunei042

ムアラ港とイミグレ。

バンダル・スリブ・ガワンへ行く途中の景色を見ていると、豪邸ばかりである。
さらに、周りを走っている車もベンツやBMWなどの高級車ばかりであり、ブルネイがお金持ちの国であることが実感できる。
それもそのはず、この国は世界で最も裕福な国の一つといわれ、給与平均は東南アジアで一番、教育費や医療費は無料で、所得税もないのだとか。

コメント