ブラジル:タバティンガでマナウスへのフェリーの準備

対岸のペルーのサンタロサと打って変わり、ブラジルのタバティンガはのんびりした町だった。

先ほどペルーで高速船を降りた際、村上さんという日本人の方に会い、一緒に移動してきた。
タバティンガはガイドブックなどに記載されていない場所のため、宿探しをし、シェアをすることにした。

久々に日本人に会えて、ホッとした。
さらに、情報が少ないタバティンガだけに、心強い。
中南米を何度か旅しているらしく、スペイン語もでき、また事前にいろいろと情報収集をしてあるとのことで、とても助かった。

到着初日はすでに、警察署が閉まっており、入国スタンプをもらうのを諦め、夕食を食べることにする。
ブラジルの飯は、ペルーに比べると断然うまい。
牛や鳥、魚を串刺しにしたものを多くの店で出しているが、どれもとてもうまそうである。

ビールを飲みながら、村上さんと話していると、彼も明日のフェリーでマナウスに向かうらしい。
3泊4日の船旅で、他に日本人の同乗者がいることは心強い。
まさか、タバティンガとマナウス間のフェリーで日本人に会うと思っていなかったので、驚きである。

翌朝、警察署に行き、入国スタンプをもらい、そのままフェリー乗り場へ行き、チケットの値段を確認した。
ハンモックだと1人170レアル、個室は700レアルとのことだ。
個室は2人部屋だが、1人で使わせてくれるらしい。
個室を値切ってみると、600レアルで構わないとのことだったが、それ以上はどうしても下がらなかった。
チケット購入前に、個室を見せてくれると言うのでついていくと、エアコン完備、トイレ・シャワーも完備となかなかの設備だった。
パソコンやカメラなどの荷物も気がかりだったし、フェリーに乗っている際、遅れ遅れになっているホームページ作成などをしたかったため、奮発し、個室を利用することにした。
2011年9月16日時点で、フェリーは、毎週水曜と土曜発、14時にチェックイン開始(実際はもっと早かった)で、16時出港とのことだ。

2011Brasil002

ブラジル側イミグレ。

その後、タバティンガの町歩きをすることに。
コロンビア側のレティシアも近く、行ってみようか悩んだが、時間もあまりないため断念することにした。

2011Brasil001

タバティンガの船着場。

2011Brasil003

対岸はペルーのサンタロサ。

2011Brasil004

手前側のブラジルのタバティンガ。

2011Brasil005

奥のコロンビアのレティシア。

2011Brasil006

タバティンガの町並み。

2011Brasil007

タバティンガの町並みその2。

2011Brasil008

タバティンガの町並みその3。

2011Brasil009

タバティンガの町並みその4。

2011Brasil010

タバティンガの町並みその5。

2011Brasil011

タバティンガの町並みその6。

2011Brasil012

船着場周辺。

2011Brasil013

船着場。

2011Brasil015

船着場は簡易市場にもなっている。

2011Brasil014

船着場周辺が町の中心。

2011Brasil016

バイタクが移動手段。


2011Brasil021

市場。

2011Brasil018

品揃えはまあまあ。

2011Brasil019

活気もある。

2011Brasil020

市場周辺。

2011Brasil022

市場周辺その2。


2011Brasil024

町で一番大きな教会。意外にも近代的。

タバティンガは、治安の不安もまったくなく、物価はペルーより高いものの、質もそれなりだった。

コメント