ブラジル:マナウスへ3泊4日のアマゾン下り

フェリーに乗り込んだ。

2011Brasil025

タバティンガのフェリーポート。

2011Brasil026

町の中心からは徒歩15分くらい。

2011Brasil027

ハンモックの場所取り待ちの列。

2011Brasil028

このフェリーに乗る。

2011Brasil029

ブラジルのフェリーは変わった形をしている。

ハンモックは、予想通りかなり混んでおり、隣の人と揺れてぶつかるほどではないようだが、多少荷物の心配がある。
ハンモック利用の人は、早い人では朝から並んでいたようだ。
ただ、正直、そこまでする価値があるのか疑問だ。
通常通り乗り込めば良いような気がする。
そして、乗り降りが激しいので、最初の場所が気に食わなければ、後で移動することも可能だ。

一方個室だが、全部で8部屋くらいあるのだが、使用されているのはわずかに数部屋。
ほとんどが空いているようだ。
やはり、値段差が大きいらしい。

2011Brasil030

個室。

2011Brasil031

二段ベッド。

2011Brasil033

エアコン完備。ただ、古くてうるさい。

2011Brasil032

個室にはトイレとシャワー完備。

ただ、個人的には個室で満足している。
第一に荷物の不安がないことだ。
通常のホテル宿泊時と同様に、荷物を広げておくことができる。

個室にはコンセントもあるので、パソコンなどを使用したい場合にも便利だ。
ハンモックの人用にいくつか共同コンセントはあるのだが、常に争いが激しい。

村上さんに聞いた話だと、夜にいくつかの港に立ち寄るらしく、その際の乗り降りや、小さな子の夜泣きなど、やはりハンモックだと少し眠りにくいようだった。

でも、ハンモックでの旅というものにも憧れる。
もし、荷物の不安がなければ、確実にハンモックにしたのだけれど…。


2011Brasil049

ハンモック・エリア。

2011Brasil048

かなり密集している。

2011Brasil050

アフリカ人とか夜も歌を歌っているらしく、うるさいんだとか。

フェリーは、飲料水は無料で、朝昼晩と3食はついている。
ビールやスナックなどは売店で購入することもできる。
売店の値段はおおよそ日本と同じで、やはり通常町で購入するよりは少し割高になっている。

2011Brasil035

売店。ちょっと高い。

2011Brasil055

夜の売店。

2011Brasil057

ライトめがけて、無数のカブトムシが飛んでくる。

2011Brasil045

船後部にはボートを引き連れている。

食事は、朝はコッペパンとコーヒーのみと粗末なものだが、昼と夜は種類こそ少ないが味は悪くはない。
早めに行かないと品切れになる可能性もあるが、そんなに焦らなくても大丈夫そうだった。

 

2011Brasil078

食堂兼キッチン。

 

2011Brasil052

初日の夕飯。初日はしょぼかった。

2011Brasil060

2日目の昼食。

2011Brasil067

2日目の夕食。

2011Brasil074

3日目の昼食。

2011Brasil079

3日目の夕食。

 

しかし、アマゾン川に沈む夕日を見ながらのビールなど「最高っ!」の一言である。
この旅に出て、マチュピチュよりも断然テンションがあがってきた。

 

2011Brasil040

フェリーから見たタバティンガ、レティシア、サンタロサ。

2011Brasil041

フェリーから見たタバティンガ。

2011Brasil042

フェリーから見たレティシア。

2011Brasil043

フェリーから見たサンタロサ。

2011Brasil038

地元の人はこんな船で横断したりも…。


2011Brasil037

タバティンガ港。

2011Brasil039

タバティンガ港その2。

3泊4日ほぼ代わり映えのない風景だが、朝日と夕日を眺めつつの生活は、決して飽きず、苦にならない。

2011Brasil044

タバティンガを離れる。

2011Brasil046

だんだんと町が遠くなっていく。

2011Brasil047

あとは、ひたすらこんな風景。



2011Brasil053

初日の夕日。

2011Brasil054

初日の夕日その2。

2011Brasil056

初日の夕暮れ後。

2011Brasil058

2日目の朝日。

2011Brasil059

こんな小さな船着場ばかり。

2011Brasil062

船着場がなくても、ボートを横付けして乗り込んでくる。

2011Brasil063

ボート集まりすぎだし…。

2011Brasil064

ただ見に来たボートも。

2011Brasil065

意外に鈍い現地の人も多い。

2011Brasil066

ボートが集まってきた様子。

2011Brasil068

2日目の夕焼け。

2011Brasil069

ブラジル国旗と月。

2011Brasil070

3日目の朝日。

2011Brasil071

3日目の朝日その2。

2011Brasil072

川幅がどんどん広くなっていく。

2011Brasil073

でも、川岸は同じ風景。


2011Brasil076

アマゾンっぽい木。

2011Brasil077

まるで海のよう。


2011Brasil080

大型船も増えてきた。


2011Brasil082

3日目の夕日。

2011Brasil083

4日目の朝日。

2011Brasil084

似たようなタイプのフェリー。

2011Brasil085

マナウスに近づくにつれて、集落が増えてきた。

2011Brasil087

ついに4日目の夕日。

2011Brasil088

遠くに町らしきものが見えてきた。

2011Brasil089

夕日が映える。

2011Brasil090

ネグロ川(コロンビア起点の黒い川)とソリモインス川(ペルー起点の茶色い川)の合流地点。

2011Brasil091

マナウスにはプラントも。

夜は岸から、大量のカブトムシがやってくる。
あまりにも大量で、気持ち悪いほどだ。

船上は小さな蟻こそいるものの、蚊もおらず、快適だ。
シャワー・トイレの水は、アマゾン川のものなのだが、直前にイキトスで参加したツアーで宿泊したロッジでも同様だったため、まったく気にならず。

予想外に退屈を持て余さず、優雅な時間を満喫することができた。

マナウスには3泊4日後の、19時に到着。
久々に、アマゾン川の水じゃないシャワーを浴びれるのが楽しみだ。