ベネズエラ:ちぐはぐな旅ベネズエラ入国

ボア・ビスタ12時初のバスに乗り、国境の町パラカイマへ。
パラカイマへは、15時半頃到着した。

2011Brasil267

ボアビスタのバスターミナル。

2011Brasil270

2011年9月時点の時刻表。

2011Brasil271

今回のバスは見た目はともかく、エアコンすら効かなかった。

パラカイマでは、ブラジルとベネズエラの両国境をすんなり通過。

2011Brasil272

国境の町パカライマのバスターミナル。

2011Brasil274

ブラジルとベネズエラの国境。

ベネズエラ側で、通りかかるタクシーを待っていたところ、なぜか係員にとめられた。
すでに入国のスタンプは押してあるにもかかわらず、暇すぎて、イチャモンをつけてきたようだ。
何とかすり抜けたものの、その時点で一緒にタクシー待ちをしていた人は既に、サンタ・エレナ・デ・ヴァイン方面に行ってしまった。

 

幸先の悪いスタートだ。
ツーリストカードの件に引き続き、なんか旅がちぐはぐしている。

その後、しばらく待ち、どうにか乗り合いタクシーをつかまえることができた。
サンタ・エレナ・デ・ヴァインには夕方到着。

早速、この町の最大の見どころであるロライマ山トレッキング情報を調べてみるも、同行者が少なく、催行できない可能性が高いとのことだ。

2日間待ってみることにしたが、それで無理なら諦めることにする。
何もないこの町で、数日過ごすのは辛い。

それにしても、旅行者が少ない。
おそらくこの町で一番有名なミッチェルという安宿に泊まっているのだが、他に宿泊客が誰もいない。
宿の人の感じも良いし、部屋も広いし、文句はないのだが、人がいなすぎて孤独を感じる。

今は雨季なので、旅行者が多いとは思っていなかったが、これほど少ないとも思っていなかった。
有名なミスティック・ツアーですら、今月は5回ほどしかロライマ山ツアーを催行していないらしい。

さらに、サンタ・エレナからエンジェル・フォールの起点のカナイマまでの飛行機も最近ではほとんど飛んでいないのだとか。
なんだか、踏んだり蹴ったりである。

悪あがきせず、素直に諦め、エンジェル・フォールに向かうべきか。

コメント